FC2ブログ

スリープケースから第六章を予想する①

皆様今晩は
今回は昨日の予告どおり、第六章回生篇BD(DVD)のスリープケースイラストについてもう少し突っ込んだ検証と感想を語りたいと思います。
ただかなり情報量が多いイラストでしたので、表と裏で2回に分けます。
第1回の今回は表のイラストであるこのイラストです。

20181012_img002.jpg

ヤマトの最終決戦仕様と銀河の解体?


先ず注目したいのはヤマトの最終決戦仕様への改装がドックではなく、白色彗星内部の惑星上空で行われている事実です。
20181012_img004.jpg
イラストの下部に見える赤茶けた大地はPVでヤマトが不時着している惑星の大地とほぼ同じ感じなので、あの惑星の上空である事は先ず間違いないと思われます。
ということは傷ついたヤマトは一度地球に戻って修理を受けるのではなく、ガトランティスの防衛線を突破した銀河及び補給艦隊と合流し、現地で改装が行われるという流れになりそうです。
またイラストに描かれている銀河は第一主砲がなく、装甲もはがれている事から、どうやら銀河の部品を流用してヤマトの修理を行っているようです。
敵地での現地改装+銀河とのニコイチと、このイラストを見る限りヤマトの復活に対してかなり無茶を行うことになりますが、それほどの無茶をしてまでも復活させねばならないほどヤマトの存在は重要だったということなのでしょうか?

アルデバラン艦隊の任務が判明


60秒PVにアンドロメダとは別行動をとっていると思われるアルデバランと主力戦艦の部隊の姿がありました。
20180926_img013.jpg
PVの時点では彗星都市に肉薄攻撃を仕掛けるアンドロメダ率いる突撃隊の援護及び陽動を担当するかと思っていましたが、このイラストでアルデバラン艦隊の任務はヤマトへの補給部隊の護衛だったことが判明しました。
またこの任務には空母型のアンタレスも参加している事が分かります(アキレスの姿がないようですが、アンドロメダと行動を共にしているのか、それとも沈んだのでしょうか?)
ガトランィスがヤマトの改装を黙ってみているとは思えませんので、アルデバランやアンタレスといった護衛艦隊はヤマトの改装が終わるまでの時間稼ぎをして沈む予感がします。
PS「さらば宇宙戦艦ヤマト」で描かれた巡洋艦「すくね」の最後を彷彿させる熱い展開を期待してもいいかもしれませんね。
ちなみに、以前、副監督がアンタレス搭載型の機動甲冑をデザインしていましたが、ヤマトの改造を従事している機動甲冑はアンタレス搭載のものかもしれません。
もしそうであるとするとアポロノームといい、アンタレスといい、結局空母としてはろくな活躍をしないという事になります。
結果論で言えば空母型アンドロメダは本分を果たせなかった悲劇の艦として記録されそうですね(苦笑)

PVでは銀河やアンドロメダ無双がクローズアップされていましたが、ヤマト復活イベントもこのイラストを見る限り結構面白そうな内容になりそうなのででちょっと期待したいです!








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム