FC2ブログ

暗黒星団帝国を妄想する①

皆様こんばんは!
今回は2205に登場するであろう新敵勢力「暗黒星団帝国」の正体について妄想してみたいと思います。
このネタは以前から書きたかったのですが、その時点では公式から2205における暗黒星団帝国の設定が公開されるかもしれない可能性があったため、書くならそれ読んでからと思っていました。
しかしどうやら当面は新情報はあまり期待できそうにないので、今回は思い切って書きてみることにいたしました。
今回は何の根拠もない妄想100%の設定であり、わたしの「2205のこうなったらいいな」的な側面が存分に反映されていますが、よろしくお願いいたします。
また2205での敵が本当に「暗黒星団帝国」と呼ばれるかもわかりませんが、名前がないと不便であるため、公式のアナウンスがあるまで便宜上「暗黒星団帝国」と書かせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2205における暗黒星団帝国の正体


まず結論から書いてしまえば、2205における「暗黒星団帝国」の正体は「古代アケーリアス人」そのものではないかと考えています。
以前は時間断層ネタから「並行世界の地球人」を暗黒星団の正体としておりましたが、少ない2205の情報を見る限り、「2205-新たなる旅立ち-」ではイスカンダルがストーリーの重要なカギになっているとなっているように思われます。
となると、2205に登場する敵はイスカンダルの過去と深くかかわっている存在であるほうがしっくりきます。
ヤマト2199及び2202で描かれている設定の中で、これまで具体的には描かれておらず、イスカンダルの過去に関わってきそうな設定といえば、それはもう「古代アケーリアス文明」そのものでしかありません。
あくまで勝手な予想ですが、2205での「暗黒星団帝国」の正体は体を機械化することで生き延びた古代ガトランティス人たちであり、過去の栄光を取り戻すため再び歴史の表舞台に現れたという感じになるのではないでしょうか。
早い話、ヤマト版「ネオ・アトランティス」(byふしぎの海のナディア)です。
20200531_img004.png

古代アケーリアス文明はなぜ滅んだか


2202において古代アケーリアス文明は突然歴史上から姿を消したと語られています。
例えば戦争などにより滅んだとであれば、「歴史」や「伝説」という形でその事実が残されると思われます。
それすら存在しないのは文字通り、突然姿を消したからであり、当時の人々から見てもその原因はよくわからなかったのではないでしょうか。
私の見解としては、「古代アケーリアス」が姿を消した原因は、「波動エネルギー」の研究にあるのではないかと思われます。
古代アケーリアス文明の直系と思われるイスカンダルでは波動コアをエネルギー源として活用していますが、古代アケーリアス時代では波動エネルギーはもっと大々的に使われ、さらなる発展のために大規模な実験も繰り返されていたものと思われます。
しかしその結果、宇宙に亀裂が生じ古代アケーリアスの首都星(おそらくこの首都星は天の川銀河にあったものと思われます)を中心とする中枢が吸い込まれて文字通り消滅したのではないでしょうか。
生き残った古代アケーリアス人たちは当時は辺境であった大マゼランやアンドロメダ銀河に移住していた者たちであり、彼らはすれば事情も分からず突然中枢が消えたことで混乱、分裂や紛争を繰り返していく中で「古代アケーリアス」の消滅の理由は解明されないまま歴史の中に埋もれいったものと思われます。
ただし、イスカンダルのみは大帝国建造の過程で波動エネルギーが宇宙に亀裂を生じさせること、さらにそれが宇宙全体にとんでもない厄災をもたらすことに気が付き、再び亀裂が生じないように波動砲を禁断の兵器としたのではないでしょうか。
では、イスカンダルが波動砲を禁止するほど恐れた宇宙の厄災とは何か
それはかつての同胞、古代アケーリアス人達の帰還ではないかと思われます。

暗黒星団帝国とイスカンダル


宇宙の亀裂に吸い込まれてしまった古代アケーリアス人たちですが、彼らはおそらく時間断層に放り出されてしまったものと考えます。
本来生身の姿では生存できない時間断層ですが、古代アケーリアス人たちは自分たちの魂を機械の体に宿らせることで生存、本来の宇宙への帰還を国是とする暗黒星団帝国を建国、来るべき帰還の日を夢見て戦力の拡充を務めていたのではないでしょうか。
そして、偶然、イスカンダルが開いてしまった次元の隙間を使って偵察の先遣隊が帰還、古代アケーリアス直系のオーバーテクノロジー兵器で当時興隆を極めていた当のイスカンダル帝国に大打撃を与えたものと思われます。
幸いこの時の亀裂はすぐに閉じてしまったため、先遣隊の数は少なく、被害は大きかったもののイスカンダル帝国は暗黒星団帝国部隊のせん滅に成功したのでしょう。
しかし、この戦いでイスカンダルは暗黒星団本隊が帰還した暁には全宇宙が瞬く間に彼らに支配されてしまうと考え、再び入り口が開かないように波動砲兵器を禁止したのではないでしょうか。
時間断層内からは入り口を開くことができないため、暗黒星団帝国は本来このまま封印されるはずでした。
しかしどこかの恩知らずが「波動砲艦隊」を建造、無思慮に波動砲を乱発したため、そのエネルギーが銀河中心部に集まり巨大なゲートを形成、2205年、暗黒星団帝国はついに母なる銀河への帰還を果たすことになるのではないでしょうか。
20200307_img004.jpg
少し長くなってしまったので今回はここでいったん切ります
次回は帰還した暗黒星団がなぜイスカンダルを狙うことになるのか、その理由を妄想してみたいと思います。






スポンサーサイト



コメント

鮫乗り

波動エネルギーが・・・
山城2199様、こんばんは。

> そのエネルギーが銀河中心部に集まり

なるほど、だからBBY-02が銀河中心の探査に?

papirio

こんばんは
いつも楽しく見させております。
銀河系の中心にあるのは巨大BH。
何か、復活篇とも絡んできそうですね

山城2199

Re: 波動エネルギーが・・・
鮫乗り様、こんばんは!
コメントをありがとうございます!

>なるほど、だからBBY-02が銀河中心の探査に?

Exactly(その通りでございます)!

あとご存じかもしれませんが、銀河が波動エネルギーをの調査のために銀河中心部にムサシ(とラボラトリーアクエリアス)が探査航海を行っているというのは小林誠副監督の設定です。
使い方次第では結構面白い展開が描けるんですよね、この設定は。

山城2199

Re: タイトルなし
papirio様、コメントをありがとうございます。
>何か、復活篇とも絡んできそうですね
ギクッ(汗)
実は今回のネタの出発点は復活編です、
よく気づかれましたね(苦笑)

ヤマトの翁

アケーリアス人が帰って来たら喜ばしいですよね
古代銀河の指導的人々が、帰還できたら良い事の様に思えますが。
確かに、人間ですから独善的な人も居るでしょうけど、大多数の人は良識的な民族で有ると思います。ましてや超高度な精神なら、独善的な派閥は粛正されて当然だと思います。

山城2199

Re: アケーリアス人が帰って来たら喜ばしいですよね
ヤマトの翁様、コメントをありがとうございます!
古代アケーリアス人がどのような人間であったのかは作中に一切描かれていませんのでその辺は想像する人次第と思っています。
ただ私の見解につきましては少し長くなりますので、別途に記事を作成して補足したいと思います。
よろしくお願いいたします。
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム