FC2ブログ

決選投票に寄せて

皆様こんばんは!
本日はいろいろ溜まっていたネタを一気にアップする予定でしたが、「七色星団」の検証を書いたところで力尽きました。
いや~あの戦いは流石に2199最大の決戦だけあって検証も思わず熱が入りすぎました(笑)
今日書けなかった「ガイペロン級の検証」の続きや「バーガー戦闘団」の考察は年末年始の休みに書き進めたいと思います。
少しお待たせすることになりますが、よろしくお願いいたします。

さて、当ブログがいつもお世話になっています「しんまちTV」様が開催中の「宇宙戦艦ヤマトどのシリーズが好き? 決選投票」は「2199」と「さらば」の戦いはかなり接戦が繰り広げられているようです。
げんざい、「さらば」のほうがやや優勢ですが、いつ逆転してもおかしくない状況です。
まだ投票を終わらせていない方はぜひ清き一票を!!
20191222_005.jpg
ここからは今回の投票に対する私の私見です。
このような意見もある程度で読んでいただければ幸いです。

いや~正直、「さらば宇宙戦艦ヤマト」も「宇宙戦艦ヤマト2199」も好きな作品ですので、今回の決選投票は悩みました。
ただ私は今回「2199」のほうに票を入れさせていただきました。
その理由は、「2199」の自由度の高さにより魅力を感じたからです。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」は歴代ヤマトの中でも屈指の最高傑作であり、シナリオの出来や完成度は2199より勝っていると思います。まさしく、初代ヤマトの「完結篇」として製作され大作です。
しかし逆に言ってしまえば、その完成度の高さにより初代ヤマトはそれ以上の発展はできなくなってしまいました。
事実、「さらば」で完結したヤマトの続編を何とか作ろうと「生還篇」というべき「ヤマト2」を作り、「新たなる旅立ち」、「ヤマトよ永遠に」、「ヤマトⅢ」と次々その延命を図りましたが、結局、「さらば宇宙戦艦ヤマト」を超える作品は誕生できず、人気も盛り返すことはできませんでした。
結局、「さらば宇宙戦艦ヤマト」はその完成度の高さゆえに、やりようによっては広げることが可能であった旧ヤマトの世界を終わらせてしまった作品と言えます。

一方、ヤマト2199はシナリオの甘さや、主役であるはずの古代君が活躍しないなどいろいろ不満はありますが、一度終わってしまったヤマトを蘇らせたこと、さらにその作りこまれた世界観は高く評価すべきだと思います。
実際、有志による「第二次火星沖海戦」を舞台にしたヤマトが一切登場しないMAD作品が作られるなど、外伝やアフターストーリーを作りやすい2199世界は、あらゆる可能性を秘めておりいくらでも拡張が可能です。
この点は大きいです!

確かに、ストーリーの濃度では「2199」は「さらば」に負けていますが、この無数のストーリーを作ることができるという魅力は、完成してしまった「箱庭」である「さらば」には絶対に持つことができないものです。

今回の選択は本当に難しものでしたが、「完結」した傑作よりも、未知数の「未来」を信じたいという意味で今回は2199を私は選びたいと思います。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム