FC2ブログ

アクエリアス・アルゴリズム第1回感想①

皆様こんばんは。
今回はヤマトマガジンで連載が始まった「宇宙戦艦ヤマト復活篇」の前日譚小説「アクエリアス・アルゴリズム」第1回の感想です。
思いっきり小説のネタバレをしておりますので、ネタバレが嫌な方は回避をお願いいたします(恐らく全4回が終了した時点で単行本化されると思いますし)
20191208_img001.jpg

アクエリアス・アルゴリズムのあらすじ


まずこの「アクエリアス・アルゴリズム」のあらすじを簡単にまとめるならば、以下の通りです。
とある理由から軍を退役していた古代進は、艦長職を目指す妻、雪を支えながら専業主夫として娘美雪と共に平凡な日常を過ごしていた。
だが生活は北野と徳川の訪問により終わりを告げる。
匿名の通報によりヤマトが眠るアクエリアスで謎の勢力の暗躍を知った真田がその非公式の調査を古代に依頼してきたのだ。
北野と徳川、そして妻である雪と共にアクエリアスに向かう古代。
美雪が調査船に密航していたというトラブルがありつつもアクエリアスに到着した彼らの前に現れたのはディンギルの騎馬隊だった。

一部のコアファンから大人気のディンギル騎馬軍団まさかの登場!
20191208_img002.jpg

この外伝での敵はディンギルの残党であるようですが、彼らはどうやらアクエリアスに眠るヤマトを使って何かをたくらんでいたようです。
彼らはヤマトを使って何をなそうとしていたのか、次回が楽しみですね。

アクエリアス・アルゴリズムの世界観について


以前から言われている通り、この「アクエリアス・アルゴリズム」は「完結篇」から「復活篇」を物語であり、そのため第1回では当時の地球を取り巻く状況が詳細に説明されています。
特筆すべきなのは以下の4点
①ガルマン・ガミラス及びボラー連邦が健在であり、宇宙に君臨する2大勢力として冷戦状態が続いている。
②銀河交差による影響(完結編冒頭で起きたこと)の影響で、銀河系からガミラスとボラーの勢力はともに撤退、空白地となった銀河系は、独立した両勢力の旧植民惑星国家が乱立する一種の無法状態になっている(アマールもこれで誕生した国家)
③地球はガミラスとの友好は続いているものの、ある事件をきっかけに引きこもり状態になっている
④ディンギルの残党が「地球・ガミラス絶対殺すマン」になって絶賛テロ祭開催中

まず①については、以前、DVD限定ボックスの特典としてついていた小説版「復活篇」によれば「銀河交差」でガミラスとボラー連邦は完全滅亡、残党を率いてガミラス再建を目指していたデスラー総統も復活篇の時点で完全に行方不明という設定でしたが、その設定については無かったことになったようです。
今回の小説によれば、「銀河交差」によりガミラスもボラー連邦も戦争継続が不可能なほどダメージを受けたものの、共に銀河系から他所の星系に首都を遷都させたことにより、国家としての一定の勢力の保持には成功した模様。
現在は両国とも休戦協定を結び国力の回復に努めているらしいのですが、国境では絶えず小規模な衝突が繰り返され依然として冷戦状態は続いています。
しかしその一方で、ガミラスとボラーの勢力は地球を含む銀河系から完全に撤退していたため、この両国の対立が地球に影響はほぼなくなっているようです。

次に②と③についてですが、ガミラスとボラーという2大勢力が一気に銀河系から消えたことにより、それまで両陣営に加わっていた各植民地星が一斉に独立。
銀河交差の影響がまだ収まっていないことに加え、急激な状況の変化により、銀河系はテロと民族紛争が頻発するカオスな状況に突入することになったようです(そのあまりのカオスぶりに、ガミラスもボラーも面倒を避けて銀河系に関わらなくなった程です)
当初、地球はこの混乱を何とか収集しようとしていたらしく、その結果、アマール(復活篇に登場した移住先)のような新興国家と友好を結ぶなど一定の成果を上げたものの、ある内乱に某艦長が独断で介入した結果、最悪の大虐殺事件をひこ起こしてしまい、それを機にこの混乱に関わることを止め、地球の安全保障のみを重視する政策にかじを切った模様。
「復活篇」でアマールと非常に親密な友好関係が結ばれている一方で、SUSの台頭や星間国家連合の誕生を知らなかったのはこの一種の引きこもり期間が原因のようです。
恐らくですが
地球が銀河中心部への介入を止める
→地球に変わる勢力としてSUS登場、急速に勢力を広げる
→SUSを中心にした星間国家連合誕生

という流れなのでしょう。
ちなみにこの流れだと星間国家連合は誕生してせいぜい数年・・・そりゃあ地球が知らなくても仕方がないです。
またSUSはガミラスやボラーといった2大勢力と交戦して勢力を拡大したわけではなく、単に勢力の空白地に乱立した弱小勢力をまとめて粋がっているだけの存在ということがよく分かりますね(苦笑)

最後に上でも書きかましたが、今回の敵はディンギルの残党。
何でもひたすら地球とガミラスを恨み(完全な逆恨みです)、嫌がらせのテロ行為を繰り返しているそうです。
完結篇でも相当でしたが、相変わらずはた迷惑な連中ですね(苦笑)
このようなメンタルティを持つ連中だからアクエリアスも滅ぼすことを決定したのではないでしょうか?
結果論ですが、完結篇序盤で子供一人以外のディンギル人の救出に失敗したのは地球にとってもヤマトにとっても幸運だったのではないでしょうか。

少し長くなりそうですので一度ここで切ります
次回は各キャラクターの設定と感想をまとめたいと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム