FC2ブログ

聖版ヤマトの検証(第3回)

皆様今晩は!
今回の更新では聖版ヤマト第3回をご紹介したいと思います。
YHJ301.jpg
前回の第2回はワープ実験開始の直前で終了。
ワープといえばやはりお約束のサービスカットを期待したいところですが、
20190831_img003.jpg
「「テレビマガジン」というお子様が読む雑誌に当然そのような描写が許されるわけもなく、あっさりワープ終了。
描かれたのは裸の雪ではなく、安堵する徳川機関長でした(涙)
YHJ302.jpg
ですが絶好のサービスシーンをカットした神罰か、突然倒れる沖田艦長。
そしてナースコールに気がついて艦長質にやってきたのは、何故か初期デザインの艦内服を着た森雪。
第1回に登場した時はアニメ準拠の艦内服を着ていただけに、何故突然に初期設定のデザインに変わったのか謎です。
個人的には雪は第2回に登場しなかったため、この間、彼女の服のデザインを忘れてしまい、手元にあった初期設定を参考にしたのではいかと思っています。
さて、彼女の台詞によれは沖田艦長が発作を起こして倒れるのは日常茶飯事みたいですね。
地球を出発してからまだそれほど時間が経過していないはずなのに、この状況・・・
明らかに沖田艦長をヤマトの艦長にしたのは人選ミスではないでしょうか?
雪も流石にまずいと思ったのか、手術を提案し(これ佐渡先生の仕事では?)、拒絶する沖田艦長に対してこの事実を他のクルー(恐らく幹部限)に発表すると告げます。
そりゃあそうですよね。
このように艦長が頻繁に倒れるような状況なら、一時指揮ができなくなるとしても手術を受けさせるべきであるし、仮に受けないとしたら他のクルーに事実を公表して、何らかの対策を採っておかないと心底やばいです。

ですがそんな雪に対して、聖版沖田艦長最大の迷台詞!
「お前を殺してやる!」

第1回の頃から思っていましたが聖版の沖田艦長はやたらと短気な上、発言が不穏です(笑)
YHJ303.jpg
さて、沖田艦長の健康が危険水域に達しているヤマトの前に前回デスラー総統が使用を許可した超兵器が姿を現します。
ヤマトの3~4倍のサイズを誇る巨大な超兵器・・・
その正体は惑星間弾道ミサイル?
主砲の直撃をもろともせず、ヤマトに接近してきます。
ところでこの時の沖田艦長、少々慢心していないでしょうか?
前回、千五百隻のガミラス艦隊をほぼ一方的に蹂躙したことでかなり調子に乗っているようです。
YHJ304.jpg
主砲の攻撃を諸共しない超兵器に対して、沖田艦長は波動砲で一気に破壊することを命じます。
慎重論を唱える古代の提案を跳ね除け、波動砲を発射!
いくらヤマトより数倍の大きなサイズを誇る超兵器とはいえ、波動砲の直撃を受ければ破壊できないはずはありません!
YHJ305.jpg
ええ、「当たれば」の話です。
なんとガミラスの超兵器は自分でばらばらになるというとんでも作戦で波動砲を見事回避します。
分解→最合体
この流れはバラノドンを髣髴させますね。
TVに登場したバラノドンは「怪獣を出せ」というスポンサーの圧力で登場したらしいのですが、もしかしたら元々はこのような兵器が登場する予定だったのかもしれませんね。
必殺の波動砲を外され絶体絶命のヤマト。
そんな時に一機のコスモゼロが発進します!
YHJ306.jpg
パイロットは航空隊の小田。
・・・・誰?
突然現れた新キャラは沖田艦長に1話で台詞のみで戦死した古代守のことを回想させるという重要な役割を果たしたのちに壮烈な戦死を遂げます。
YHJ307.jpg
小田が必死に稼いだ時間でエネルギーを再チャージしたヤマトは再び波動砲を発射!
何故か今度は先の回避法を使わず波動法の直撃を受けてしまう超兵器
もしかしてあの回避法は1度っきりだったのでしょうか?
苦い勝利をかみ締めつつ、死んだ小田のことを脳裏に浮かべながら帰還する古代のカットで第3話終了。

それにしても小田って本当に何者だったのでしょうか?
これまで一度も登場していないのに「お前のような良い奴が・・・」といわれても反応に困ります(汗)

・初期デザインの雪
・惑星間弾道ミサイル
・バラノドン
といった様々なネタがてんこ盛りな半面、なんか釈然とした気持ちになれない第3話でした。
次回はいよいよ最終回直前の第4話。
なんとあの男が再登場します!
スポンサーサイト



コメント

パステヤージュ

うーむ
こんばんは。
随分と古い本をお持ちで。保存状態がとてもいいのにびっくりです。
わたしが大学生の頃に一度本を大量に整理したのですが、「週間少年チャンピオン」が一冊発見。ページの裏表のインクがもう透過してしまって読むにはひどい状態でした。なんで一冊だけ取っておいたのか謎です。わたしもヤマトのマンガを単行本(全3巻)で持っていたのですが、度重なる引越しでどこかに旅だってしまった。残念無念また来年です。

さて本日8/31、メカコレのノイバルグレイの発売日です。
わたしの住んでいる所は地方都市なので発売日がズレてるかな~と思いつつ、用事を足しつつ、模型店に突撃。最後の1個ゲットです;; 何個入荷したのか知らぬが感無量ですw そしてどこから沸き上がる達成感。なんかもう作った気分が怖い。
デカールがすごい細かいのでやはり貼り付けが山場になりそうです。

yoshirinn

幻の設定
前に書いた「優秀な科学者の記憶が埋め込まれているという、かなり無茶な設定」について探してみましたが、ありました。押入れの奥にしまい込んだ「ロマンアルバムエクセレント宇宙戦艦ヤマトパーフェクトマニュアル2」。その中に書いてありましたが、初期設定で藤川桂介、豊田有恒両氏の原案を山本映一がまとめたものです。
「主人公小竹忍、参謀、のち提督18歳(!?)彼の脳にはRNA因子として、すでに死亡した多くの科学者の知識が移植されている」とあります。このRNA因子とは、RNAリボ核酸で「記憶をつかさどる物質」とあります。
当時から新人が、戦艦の幹部に抜擢されるという「無茶」を、どううまく説明するか苦悩したようですね。
なお、この時点で通信リーダーとして、相原義一の名前があるのに、驚きました。
ちなみにヒロインは神麻知子と言い「麻丘めぐみ(時代を感じるな)のような、かわいこちゃん」とあります。この、神麻知子が森雪となるわけですが、そういや第1作当時の森雪と麻丘めぐみは、似ているような気がしますが?

行き過ぎる風

あっけない超兵器?
ガミラスが送り込む試練の超兵器も
戦闘機一機に10分も手こずり、
波動砲の第二射を喰らっては・・・(^。^;)

第一話で地下から浮上するヤマトを横から
描くのは実写版も同様だったな、と思いました。
発進して直ぐの波動砲とか実写版には
聖版ヤマトへの隠れたオマージュが
散りばめられているのかも知れないと、
今さらながら思いました。(^o^)

山城2199

Re: うーむ
パステヤージュ様、今晩は!
コメントをありがとうございます!

> 随分と古い本をお持ちで。保存状態がとてもいいのにびっくりです。

いえいえこれは私が保管していたものではなく、海外のヤマトファンのかたがサイトでアップしていたものを保存していたものです。昨年あたりにリニューアルした時に思いっきり内容が削減されてしまったのですが、それまではこの漫画を始め、本当にお宝の宝庫でした。
それだけに内容の削減は本当に残念です。

> わたしが大学生の頃に一度本を大量に整理したのですが、「週間少年チャンピオン」が一冊発見。ページの裏表のインクがもう透過してしまって読むにはひどい状態でした。なんで一冊だけ取っておいたのか謎です。わたしもヤマトのマンガを単行本(全3巻)で持っていたのですが、度重なる引越しでどこかに旅だってしまった。残念無念また来年です。

おお、現在も保管していたらそれはとんでもないお宝になりましたね!
失われたのは本当に残念ですね!

> さて本日8/31、メカコレのノイバルグレイの発売日です。
> わたしの住んでいる所は地方都市なので発売日がズレてるかな~と思いつつ、用事を足しつつ、模型店に突撃。最後の1個ゲットです;; 何個入荷したのか知らぬが感無量ですw そしてどこから沸き上がる達成感。なんかもう作った気分が怖い。
> デカールがすごい細かいのでやはり貼り付けが山場になりそうです。

ノイバルグレイ、発売されましたね。
現在はプラモを作る気持ちでではないので、私は再販の時にでも購入しようと思っています。
個人的には七色星団塗装で、新ドメル艦隊を編成してみようと思っています。

山城2199

Re: 幻の設定
yoshirinn様、コメント&情報提供ありがとうございます!

> 前に書いた「優秀な科学者の記憶が埋め込まれているという、かなり無茶な設定」について探してみましたが、ありました。押入れの奥にしまい込んだ「ロマンアルバムエクセレント宇宙戦艦ヤマトパーフェクトマニュアル2」。その中に書いてありましたが、初期設定で藤川桂介、豊田有恒両氏の原案を山本映一がまとめたものです。
> 「主人公小竹忍、参謀、のち提督18歳(!?)彼の脳にはRNA因子として、すでに死亡した多くの科学者の知識が移植されている」とあります。このRNA因子とは、RNAリボ核酸で「記憶をつかさどる物質」とあります。
> 当時から新人が、戦艦の幹部に抜擢されるという「無茶」を、どううまく説明するか苦悩したようですね。
> なお、この時点で通信リーダーとして、相原義一の名前があるのに、驚きました。
> ちなみにヒロインは神麻知子と言い「麻丘めぐみ(時代を感じるな)のような、かわいこちゃん」とあります。この、神麻知子が森雪となるわけですが、そういや第1作当時の森雪と麻丘めぐみは、似ているような気がしますが?

おお、このネタはヤマト最初期の設定ですね!
私も断片的な内容を読んだことがありますがかなりぶっ飛んだ内容でした(笑)
このまま作品化されたら絶対に成功はしなかったでしょうね。
この最初期案についてはいずれ改めて語りたいと思いっています!

山城2199

Re: あっけない超兵器?
行き過ぎる風様、コメントありがとうございます。

> ガミラスが送り込む試練の超兵器も
> 戦闘機一機に10分も手こずり、
> 波動砲の第二射を喰らっては・・・(^。^;)

??「くくっく、所詮奴は超兵器四天王の中でも一番の格下」
??「もともと超兵器四天王の器ではなかったのだよ」
という謎の会話が脳内に浮かびました(笑)

> 第一話で地下から浮上するヤマトを横から
> 描くのは実写版も同様だったな、と思いました。
> 発進して直ぐの波動砲とか実写版には
> 聖版ヤマトへの隠れたオマージュが
> 散りばめられているのかも知れないと、
> 今さらながら思いました。(^o^)

私もこの聖版で実写版ヤマトを連想しました。
実際にモチーフにしたかどうかはわかりませんが、短い時間内でヤマトの物語をまとめろといわれたのなら似た内容になるのかもしれませんね・・・
ところでこの聖版について、出渕総監督が2199の製作の際にモデルにしたと明確に言っている設定が存在します。
この点についてはその設定が出てきた時に改めて言及したいと思っています。

非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム