FC2ブログ

空母型ドレットノート?

久しぶりの更新です。
第5章公開をあと2週間後に控えた時期というのに、リアルな事情で目下少々鬱状態です(苦笑)
「このままじゃいかん」と、リハビリを兼ねての再開です。

某所で見かけたのですが、空母型ドレットノートのデザイン画がネット上に出回っているみたいです。
その問題の画像がこれです。

I9Scp67.jpg

今のところ真偽の程は分かりませんが、何隻か見覚えのある艦がありますので恐らく副監督の手で描かれたアートポートであると思われます。
件の空母型は上から5~7隻目になります。
・・・ある意味予想通りというべきか、空母型アンドロメダのデザインをそのままドレッドノート型に流用したデザインとなっています。
2202における兵器開発の流れとしてはこのデザインは極めて「正しい」のですが、ヤマトの宇宙空母といえば

12597.jpg

このデザインのイメージが強いヤマトファンの方々にはやはり不評みたいです。
正直私もこの空母型ドレットノートはデザインの良し悪しは別にしても極めて不味いと思います。

そもそも2202の前作にあたる2199では登場するメカニックはオリジナルのデザインを最大限尊重してリメイクされており、オリジナルデザインのものは2199で初めて登場したオリジナル艦に限定されておりました。
それゆえに2199のメカニックは極めて好評であり、ストーリーは酷評するヤマトファンもその点に関しては認めているようです。
続編である2202でも第4章まではこの路線は守られていましたが、この空母型ドレットノートがオリジナルである宇宙空母のデザインを完全に無視してしまったことで、オリジナルのデザインを尊重するという制約が完全に失われてしまったといえます。

「2202において副監督はヤマトを私物化している」とは2202に失望したファンの多くが指摘することですが、空母型ドレットノートはまさしくその指摘を肯定しているように思われます。
残念ながら2202は多くのヤマトファンに失望をかっていますが、その原因の一つは間違いなく、副監督がデザインしたメカニックの不人気にあります。
それをかろうじて食い止めていたのがオリジナルデザインの尊重であったと思われますが、空母型ドレットノートによってその制約すら消えてしまった今、ヤマトファンの2202離れはさらに加速してしまうのではないかと危惧を覚えます。

噂レベルではありますが、2202の続編企画が進行中であるとの話もあります。
もしそれが本当であるならば、是非、日の目を見てほしいと思いますので、これ以上の2202離れが起きないよう制作委員会には抜本的な方向転換を心から願いたいです。

正規空母と軽空母?


さてさて、あまりマイナス面だけを言うのもなんですので、ここで上のアートポートで少し気がついたことを。
上から6隻目と7隻目の空母型ドレットノートをよーく見比べてみますとなんと、滑走路の長さが異なっていることに気がつきます。
断言は出来ませんが、6隻目が正規空母型であるのに対し、7隻目は艦載機搭載数の少ない軽空母型なのではないかと推測します。
ベースは同じドレットノート型のですから正規空母型と軽空母型に分ける意味は少ないような気もしますが、ミッドウェーで正規空母を4隻を失った日本海軍が少しでも戦力を補うために生産性の高い軽空母を増産したように、この軽空母型もとにかく短期間で就役させるために搭載数を減らしたタイプなのかもしれません。
問題は第5章で予定されているガトランティス本隊との決戦に間に合わせるために増産されたタイプなのか、それとも6章以降にこのような生産性優先の艦を登場させねばならなくなるような状況に陥ってしまうのか、まさにその点に尽きると思います。
本当に、第5章における地球防衛艦隊はどうなるのか?
その答えまであと12日です!
スポンサーサイト



コメント

第六十六機動艦隊

それについては
お初にお目にかかります。そのイラストは副監督のものではありませんし、実際に本編に出るものではありません。
以前のアリゾナのイラストをかかれた方のイラストです。

にっける

というか貴方、それを分かっていてこの記事を書かれましたよね。著作権の侵害もさることながら、情報操作してて楽しいですか?

山城2199

No title
第六十六機動艦隊様、コメントをありがとうございます。
>そのイラストは副監督のものではありませんし、実際に本編に出るものではありません。

ご指摘ありがとうございます。
多少言い訳になりますが、私がこの画像を見かけたのは5チャンネルのヤマト模型スレで、そのこでは副監督のお漏らし画像の一つとして語られていました。
前回のアリゾナの件もありましたので真偽には気をつけていたのですが、どうやらまんまと釣られてしまったようです。
大変失礼いたしました。

-

No title
にっける様、コメントをありがとうございます。
厳しいお叱りは誠にごもっともで、本当に申し訳ございませんでした。
ただこの件に関しましては、本当に知りませんでしたし、悪意を持って情報操作をしたわけではございません。
その点に関しましてはご理解いたただけますようよろしくお願いいたします。
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム