FC2ブログ

コラボ記事:マーズノイド遺伝子操作説の検証

皆様今晩は!
今回は、以前より当ブログを度々ご紹介していただいている鮫乗り様のブログ、「鮫乗りのBlog」で7月にアップされたコラボ記事「火星移民とマーズノイドの謎」に関する御礼記事です!
・・・本当にはもっと早く執筆する予定だったのですが、私生活が忙しくなっていたことと、暑さでやられてしまいここまで遅れてしまいました。相変わらずのいい加減ぶり、スミマセン・・・(汗)

さて、「火星移民とマーズノイドの謎」の中で鮫乗り様は「マーズノイドは遺伝子操作が行われているのではないか」という非常に興味深い指摘をなされていました。
結論から言ってしまえば、私もこの説は「あり」だと思います。
実際、マーズノイドの特徴は白人系・モンゴロイド系といった人種に限らず現れており、しかも「赤い瞳」という特徴は仮にどのような人種と交わっても自然に現れるとは思えない特徴です。
ここには何らかの人為的な原因があったことは間違いないと思います。

しかし一方で、この遺伝子操作説については
①「赤い瞳」が視力障害対策ならば、国連宇宙軍に所属している軍人たちも同様の処置が施されているのではないか?
②マーズノイドのもう一つの特徴である「銀髪」も遺伝子操作の結果なのか?仮にそうなら何の意味があるのか?

という疑問があります。
以下、これらの疑問いついて検証してゆきたいと思います。
20190730_img001.jpg

「赤い瞳」の疑問


鮫乗り様は、マーズノイドの「赤い瞳」について、宇宙に長期滞在した飛行士が煩う視力障害対策ではないかと考察しています。
しかし、2199において地球は月面基地や国連宇宙軍を所有しており、宇宙に長期滞在しているのは火星移住者に限定はされていません。
もし「赤い瞳」が、視力障害対策とするならばこれらの人々にも施されているべきであり、必然的に「赤い瞳」はマーズノイドの特徴ではなく、宇宙勤務者の特徴といわれるものとなっているはずです。
しかし実際には、赤い瞳をしているのはマーズノイドだけです。
このことから考えて、2199において宇宙における視覚障害問題は遺伝操作に頼らずともすでに解決されているものであり、マーズノイドの「赤い瞳」もこれとは関係ないと考えるのが妥当ではないかと思われます。

銀色の紙について


マーズノイドの特徴には「赤い瞳」のほかに、「銀色の髪」があります。
銀髪は金髪の一種として現代にもありますが、日本人である山本玲が有するにはおかしな髪の色です(※単に山本玲が白人とのクォーターという可能性もありますが)。
また、小説版2202第1巻収録のサイドストーリーに、キーマンがマーズノイドを装う場面がありますが、この時彼は「赤い瞳」と「銀色の髪」を見せることによってマーズノイドであると誤認させていました。
このことから考えて、基本的にマーズノイドは銀髪であり、「赤い瞳」と同様、人為的なものであると思われます。
しかし仮にこの銀髪も遺伝子操作によるものであるとしたら、一体どのような目的によるものなのか。
色々考えてみましたが、髪を銀髪に統一することはマーズノイドとしての同朋意識を強める以外は特にメリットはありません。
しかし案外それが答えなのかもしれません。

マーズノイドの遺伝子操作は地球人の差別化?


これまでの検証から見て、仮にマーズノイドの特徴が遺伝子操作によるものだとしても、何らかのメリットを考えて施している処置とは思えません。
むしろ、自然には生まれない外観を身につけることによって「地球人と差別化を図っている」という点のみに重点を置いているように思われます。
何を馬鹿な、と思うかもしれませんが、もし火星が地球からの独立を考えていたとするならばありえない話ではありません。

まず地球人と明確な区別を作ることによって、自分たちはもはや地球人ではないという意識を植え付け、地球への帰属意識を薄れさせる効果が期待できます。
また「赤い瞳」と「銀髪」というように見た目を統一させることで、マーズノイド間の連帯を強くすることも可能です。
瞳をあえて火星をイメージさせる「赤色」にしたのも、火星への帰属意識を強くさせる理由によるものだとしたら納得できます。

なお、このような理由があるならば、「内惑星戦争」後、全マーズノイドを地球に移住させた理由も納得ができます。
マーズノイドにとってもはや火星は聖地というべき場所であり、彼らをこの聖地にとどめておいてはいつまでたっても反乱の温床はなくなりません。
ちょうど、ローマ帝国が反乱を起こしたユダヤ人を聖地エルサレムから強制移住させたのと同じ理由で、内惑星戦争に勝利した地球は、マーズノイドによる反乱防止のために、宇宙開発が遅れることを覚悟の上で全マーズノイドを地球に強制移住させたのではないでしょうか。


勿論これも鮫乗り様の検証と同様の仮説であり、必ずしも正しいとは限りません
しかし、可能性の一つとしてはありえると思っています。


スポンサーサイト



コメント

鮫乗り

マーズノイドの特徴
山城2199様、おはようございます。

確かにご指摘の通り、マーズノイドしか遺伝子操作されていない理由が必要ですよね。
そのあたりは漠然と考えていた事柄はあるので、うまくまとまったら記事にしたいと思います。

マーズノイドの特徴の由来は、実のところ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89
にある気がしています(笑)

山城2199

Re: マーズノイドの特徴
鮫乗りさま、今晩は!
コメントをありがとうございます!

> 確かにご指摘の通り、マーズノイドしか遺伝子操作されていない理由が必要ですよね。
> そのあたりは漠然と考えていた事柄はあるので、うまくまとまったら記事にしたいと思います。

おお、それは楽しみですね!
更新される日を心よりお待ちしております!!

> マーズノイドの特徴の由来は、実のところ
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89
> にある気がしています(笑)

この作品は知りませんでしたが、2199は昔のSFのオマージュが大量に使われているので、マーズノイドの元ネタおっしゃる通りは間違いなくこれですね(笑)
それにしても2199世界の火星の諸設定はもう少ししっかり設定して欲しかったですね。
おかげで、2202の小説の執筆を担当している皆川先生が滅茶苦茶苦労しているようです(苦笑)
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム