FC2ブログ

内惑星戦争について・補論その②

皆さん今日は。
今回の更新は、6月にアップしていた「内惑星戦争の考察」の続きです。

前回の「補論その①」で、「そもそもこの内惑星戦争の原因は「火星の独立」問題が全てだったのか、という疑問が浮かびました。」と書いておりました。

※【参考】
「内惑星戦争について・補論その1」

ここで疑問に思ったのは、
①内惑星戦争が起きる前の地球と火星はどのような関係だったのか。
②地球からの独立とは何を意味していたのか?
という2点です。

火星とジオン公国


数少ない資料によれば、内惑星戦争の原因は、「火星が地球からの独立を計ったこと」と言うことは間違いないようです。
恐らくモデルは「機動戦士ガンダム」であり、ジオン公国が地球連邦からの独立を計画し、ガンダムの舞台となる「一年戦争」が勃発した流れのオマージュではないかと思っています。
実際、2199の基本設定を形作った出渕総監督は、ガンダムシリーズの製作スタッフとして参加されたことがあるだけに、2199の世界観にガンダムのネタが混ざっていても少しも不思議はありません。
では、「機動戦士ガンダム」における「1年戦争」はそもそもどのような設定で発生されたとしているのか。
以下、wikiよりの抜粋です。

【背景】
宇宙世紀元年以降、地球の人口爆発の解決策としてスペース・コロニーへの移民が行われ、一年戦争開戦前までの時点で総人口110億人のうち約半数がコロニーに移住する。しかしそれは、地球連邦政府によって半ば強制されたものでもあった。

宇宙世紀も半世紀に達する頃には、スペースノイドと呼ばれる宇宙移民たちの間で、地球に留まったままの連邦政府関係者や富裕層といった特権階級が地球を私物化し、自分たちを支配しているという不満が鬱積する。

これに応えるかのように、コロニー群の一つで月の裏側に位置するサイド3では思想家ジオン・ズム・ダイクンが現れ、コロニーの自治は可能であるとするコントリズムを提唱し、サイド3の地球連邦からの独立運動を先導する。ダイクンは志半ばで病に倒れるが、代わって同志であったデギン・ソド・ザビが公王を名乗り、サイド3をジオン公国として成立させる。

デギンの長子ギレン・ザビは、ダイクンの思想を先鋭化させてスペースノイドを扇動し、宇宙世紀0079年、ジオン公国が地球連邦政府からの独立を果たすため、宣戦布告する(1年戦争勃発)

以上の説明を要約するならば、1年戦戦争の原因とは
①強制された宇宙移民
②コロニー側には自治権が認めらておらず、地球の干渉を受け続けていたこと
③地球に残った特権階級が既得権益の確保のみに腐心するようになっていたこと
④不満の捌け口として優性思想の台頭

と4つのポイントが主な原因だったようです。

では、2199における火星の立場も宇宙世紀におけるコロニーと同じような立場であったと考えるべきか?
結論から言ってしまえば、私はこれは違うと思います。
その理由は、「2199」の地球と「宇宙世紀」の地球とでは設定が違いすぎるからです。

宇宙世紀の地球と2199の地球の違い


「宇宙世紀」の地球と「2199」の地球の最大の違いは、前者が「地球連邦」という統一政府によって世界が管理されているのに対し、後者は主権国家が多数存在し、国連によって辛うじてまとめているという現在の世界に近いものが続いている状態です。
このような状況下では、どこの国が火星に対して影響力を有するかで争うことはあっても、一丸となって火星に対して高圧的な態度に出るとは考えにくいです。
加えて、宇宙世紀の棄民政策として宇宙移民をすすめていたのと違い、恐らく2199の地球の宇宙開発は国連主導の一大プロジェクトであり、テラフォーミングに成功した火星を起点として太陽系内の開発を進めていく計画だったのではないかと思われます。
これが正しいとすると、当時の火星は太陽系ではもっとも活発化していた星であり、ガンダムで1年戦争が起きたような背景が存在するとは考えられません。
では何故火星は地球からの独立をたくらんだのか?

調子に乗った火星


あくまで想像ですが、恐らく独立の原因は、地球サイドに問題があったわけではなく、急速に発展した火星が調子に乗って野心を抱いたと言うのが真相ではないでしょうか?
歴史を紐解いても、新興国家が調子に乗って野心を抱いてしまうことは珍しいことではありません。
70年ほど前は日本もそうでしたし、最近では隣国の赤い国がそのような感じです(ちなみに、そんな国が日本の過去を批判しているのだから一種のギャグですね)。
火星もまた自分の力を過信し、例えば「火星帝国」のような国家を立ち上げ、国連無視の行動を始めたのではないでしょうか?
地球から見ればこれは完全な裏切りであり、国連決議の下、武力制裁の流れになったのではいかと思われます。

内惑星戦争終結後、地球は火星から全国民を地球に強制移住をさせ、火星出身者は酷い差別を受けることになりました。
いくら戦争に負けたからと言って、全国民を強制移住させるという例は近代になってはほぼありません。
それだけ地球サイドの怒りは凄まじいものであり、火星出身者に対する差別もそこに起因しているのではいでしょうか?
20190705_img003.jpg









スポンサーサイト



コメント

鮫乗り

コラボ記事
山城2199様、おはようございます。

勝手にコラボ記事
「火星移民とマーズノイドの謎」
http://blog.livedoor.jp/monocarver/archives/52234503.html

をアップさせて頂きました。
内惑星戦争に至った理由は山城2199様の結論と異なる結果になっていますが、あれこれ妄想する楽しみと言うことでご容赦下さい。

山城2199

Re: コラボ記事
鮫乗りさま、今晩は!
コメント&素晴らしいコラボ記事、誠にありがとうございます!
>
> 勝手にコラボ記事
> 「火星移民とマーズノイドの謎」
> http://blog.livedoor.jp/monocarver/archives/52234503.html
> をアップさせて頂きました。

拝見居ましたが素晴らしいですね!
マースノイドの遺伝子改造説は思いつきませんでした。!
勝手ながら、この記事は紹介させていただきます!!
よろしくお願いいたします。

> 内惑星戦争に至った理由は山城2199様の結論と異なる結果になっていますが、あれこれ妄想する楽しみと言うことでご容赦下さい。

いえいえ十人いれば十通りの説が出てくるのは当然のことだと思います!
むしろこうやって自分なりの仮説を立ててわいわい議論を交わしていくことも楽しみ方の一つであると思っています!
今後ともよろしくお願いいたします!!
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム