FC2ブログ

ヤマトの世代交代は可能か?

皆様今晩は。
木曜日に「新作製作」の発表が行われて以降、ファンの間では期待する反面、どのような内容になるかやはり気になる声が多いようです。
私も勿論その1人ですが、今回は次回作についての「こうしたらよいのではないか」という意見の中で少し検証してみたい事柄がありましたので今回の更新ではそれについて自分なりの考えをまとめてみたいと思います。

その意見とは「ヤマトもガンダムと同様に世代交代をしたほうが良い」というものです。

確かにガンダムのように長期シリーズを目指すのであるならばこの問題は避けては通れない問題です。
実際、オリジナル版でも「新たなる旅立ち」や「Ⅲ」、「復活篇」はそれを実験的に試した作品といえましたが、いずれも完全な世代交代には成功したといえない結果になっています。

しかし、これはある意味当然だったと思います。
そもそもヤマトはガンダムと異なり世代交代や主人公交代が不可能とはいえないまでも非常に難しい作品です。
その理由は2つあります。

理由1:量産兵器のガンダムと1点者のヤマトとの決定的な違い


はっきりいってしまえば、量産兵器のガンダムと1点者のヤマトとでは前提がまったく違います。
「ガンダム」は量産兵器であることから、機体の数だけパイロットがおり、彼ら(彼女ら)の物語を作ることが可能です。
また、劇中時間の流れとともに最新鋭機を登場させることも出来るため、いくらでも時間を進める事ができます。
ところがヤマトの場合は代わりのきかない1点ものであり、どうしてもガンダムほどストーリーの幅を広げることや、時間を進めることは難しくなります。

これは仮想戦記によく似ています。
「第二次世界大戦を舞台にした仮想戦記作品を作れ」と指示された場合は、何十、何百もの作品を作ることが可能です。
ところが「超兵器:戦艦大和(改)」を主人公とした仮想戦記を作れ、と指示された場合はストーリーは10冊程度が限界です。
またこの場合、この超兵器とクルーはセットで扱われるため、ストーリーの途中で主人公を交代させたり、世代交代させることはほぼ不可能です。
強大な敵(ほとんどの場合、アメリカ)に対して主人公である超兵器の縦横無尽の活躍を楽しめるのが後者の作品の面白さでありますが、逆に主人公が固定されているゆえ(サイドストーリーは作れても)メインストーリーはどうしても一定限度までしか広げることが出来ないわけです。

「MSが登場する世界観の物語」を作っているガンダム「ヤマトが活躍する物語」を作っているヤマトの違いはまさにこの点だと思われます。

ちなみに、ガンダムでも「ガンダムではなくホワイトベースをメインにおいて話を作り続けろ」といわれた場合は、恐らく今のガンダムのように大量の作品を作り続けることは不可能でしょう。

理由2:人間関係の制約


ガンダムのストーリーは前作の人間関係はそれほど深くは関わってきませんが、ヤマトにおいては前作の人間関係がもろに影響してきます。
恐らくヤマトにおいて主人公の交代や世代交代が上手くいかないのはこれが最大の理由です。
ガンダムのように作品を作るたびに世界観や人間関係をリセットできるのであるならば、ヤマトでも世代交代や主人公の交代は可能だと思われます。
しかしそれは不可能でしょう。
何故なら、ガンダムは「ガンダムという名前のMSを登場させればガンダムという作品になりえる」のに対し、ヤマトは「世界観やキャラクターの全てがヤマトという作品を構成している」からです。
最近は再評価されつつありますが2520が当時成功しなかったのもこのことが根底にあると思われます。
例えば、最初から沖田艦長や古代、雪、そしてデスラー総統が存在しない作品が「ヤマトと認められるか」、これはヤマト作品の永遠の命題ではないでしょうか。

以上の理由からヤマトにおける主人公交代や世代交代はかなり難しいです。
もし仮に行うならば、設定を一新し、以前のキャラは一切出さない2520の方式が一番であると考えます。
しかしあくまで2202の続編であるならば、新キャラは追加しても主人公交代や世代交代は行わないほうがよいと思われます。

なお、この理由を抜きにしても私は次回作の主人公は古代君にしたほうが良いと思います。
というのも、2199、2202において古代君はほとんど活躍をさせてもらっていません。
せめて次くらいはしっかりした主人公として活躍させても罰は当たらないのではないかと思います。







スポンサーサイト



コメント

kazu

宇宙戦艦ヤマトという
ものが持つ雰囲気は独特です。例えばスターウォーズはどちらかといえばヤマト側かと。
山城2199様同様に、設定上、主人公たちは崩しにくいし、
逆にガンダムのようなシーズンごとに切り替えていける方がむしろ珍しい方では。
初作とさらばが作ったイメージは非常に強い。
スピンオフでもあれば少しは違うのでしょうが

あ 

No title
セーラームーンとプリキュアの違いってのもそんな感じですかね

鮫乗り

ヤマトの世界観
ヤマトと古代を代表とするオリジナルクルーたち。

これらが欠けた時にヤマトワールドとして成り立つか?

難しい課題ですね。
外伝のような話しか思い付かないです。


世代交代と言えば、現実の世界では今日発表ですね。

妄想してみました
http://blog.livedoor.jp/monocarver/archives/52228338.html

yoshirinn

スピンオフ
山城2199さんおはようございます。
まずスピンオフ的なことをやり、キャラの成長を待って本編に登場させる、と言う方法もありますが、旧シリーズでは出来たかもしれませんが今は難しいでしょうね。
ただ、ヤマトシリーズのスピンオフは、見てみたいです。銀河をメインにすれば出来るかもしれません。戦いを拒否する戦艦を如何に戦わせるかが、ストーリーの核になるというのも面白いですが、ややこしいから脚本家は嫌がるでしょうね。
玲やメルダを主人公にした話なら人気が出るかもしれませんが、それなら、新キャラの成長にならんか。う~~~ん。

ぺんぺん草

宇宙戦艦ヤマト2233
滅びの方舟の消滅から30年、地球とガミラスは協力して目的は異なるものの、それぞれの恒星間移民を協力して進めていました
小さな紛争はあるものの平和な宇宙に、星ひとつ無い暗黒の淵から"こそっと這い寄る混沌"・・
古代や島が、沖田艦長や土方艦長の年齢や(責任・権限のある)立ち位置になり、彼らの子供やその同僚が、ガ・ガ戦役で数多く失われた宇宙軍の新生を担う時代・・
と、私妄想します

トップをねらえ!の続編のトップをねらえ2!は、一万二千年の年月が流れて絵柄が"熱血"から" 萌~"に変わっても、前作の感動を押し上げて、その高みに並び立つ感動を与えてくれました(勿論円盤有)
ヤマトでも必ずやってくれると、ぺんぺん草は妄想います

kazu

うまく言えませんが
全く違う時代のストーリーにしてオリジナルのキャラクターを切り離してみようとしても、初期のクルーが付いて回る、外してストーリーを立てようとしても、全く別物に
でも、そこまでやるとヤマトではなくなる、もう違うものに変わってしまう、
なんなんでしょうね

masa

世代や時代は越えられない
新型派生機がガンダムならゆるされても
同型艦や改良型ですら許されないのが
ヤマトがヤマトたる由縁です
これは30年前?に2520で実証されている
回避しようのない事実…
ガンダムのmsは兵器…戦果や性能が
パイロットにより左右されるが
物語の大筋は、その時代設定の
主人公に委ねられるため機種も時代も
選べます。
初代ガンダムは、それを戦争物のリアルと
しましたが、後世では都合良く主役の
交代を可能にしてしまい結局 シャアやアムロの
ニュータイプ論に逃げざる負えないように
なりました。
ですがヤマトは40年の現実的な時間をかけて
やってはいけない事を繰り返し揶揄されながら
も三度?四度?とも復活してきました。
もはやヤマトはヤマトのみがヤマトで
第何世代とか言ってもダメなものに昇華された
のかもしれません。
まぁガンダムも商業的には結局ファーストから
抜けられないので同じですが
ヤマトのほうがわかりやすく2202でも
はっきりしました。
ここからガンダムみたいに何十年もは無理
でも2199の企画開始から20年くらい?
2202からでもあと数年は今の設定から
時代を進めていけると思います。
願わくば、次の続編は
最初の冒険もののようにに戻りながらも
暗黒星団と戦っていく新しいヤマトを
見たいです 味方艦隊やガミラスの共闘が
あればリアリティの意味ではどこまでも
宇宙の果てまで旅が出来そうですから(^◇^;)

山城2199

Re: 宇宙戦艦ヤマトという
kazu様、コメントをありがとうございます。

> ものが持つ雰囲気は独特です。例えばスターウォーズはどちらかといえばヤマト側かと。
> 山城2199様同様に、設定上、主人公たちは崩しにくいし、
> 逆にガンダムのようなシーズンごとに切り替えていける方がむしろ珍しい方では。
> 初作とさらばが作ったイメージは非常に強い。
> スピンオフでもあれば少しは違うのでしょうが

個人的な見解ですが、ヤマトは本当にリアル系よりもスーパーロボット系に近い立ち位置なんですよね。
例えばマジンガーZのパイロットが兜甲児以外考えられないように、ヤマトのクルーは古代たち以外は考えられない感じなんですよね~
マジンガーZの場合はグレートマジンガーを登場させることで主役交代を実現させましたが、ヤマトの場合はヤマトを退場させてムサシを登場させるというわけにもいかないので難しいと思います。
故人t系には同型艦ムサシをメインにした作品も面白いとは思いますが・・・

山城2199

Re: No title
あ様、コメントありがとうございます。

> セーラームーンとプリキュアの違いってのもそんな感じですかね

申し訳ございません。
セーラームーンはともかく、プリキュアは良く知らないのでなんとも言えません(汗)
本当にすみません。

山城2199

Re: ヤマトの世界観
鮫乗り様、コメントをありがとうございます

> ヤマトと古代を代表とするオリジナルクルーたち。
> これらが欠けた時にヤマトワールドとして成り立つか?
> 難しい課題ですね。
> 外伝のような話しか思い付かないです。


むしろヤマトはサイドストーリーに力を入れてもいいかもしれませんね
出渕監督は続編ではなくヤマト完成前のストーリーを製作したいと語っておりましたが、今から考えると正論だったかもしれません。

> 妄想してみました
> http://blog.livedoor.jp/monocarver/archives/52228338.html

鮫乗り様もブログを始められたのですね。
もしよろしければ当ブログでリンク設定をさせていただければと思っておりますが、よろしいでしょうか?

山城2199

Re: スピンオフ
yoshirinn様、今晩は!
コメントをありがとうございます!

> ただ、ヤマトシリーズのスピンオフは、見てみたいです。銀河をメインにすれば出来るかもしれません。戦いを拒否する戦艦を如何に戦わせるかが、ストーリーの核になるというのも面白いですが、ややこしいから脚本家は嫌がるでしょうね。
> 玲やメルダを主人公にした話なら人気が出るかもしれませんが、それなら、新キャラの成長にならんか。う~~~ん。

主人公交代はともかく外伝は本当に製作して欲しいですね。
2199にしても2202にしてもヤマトなしで作れそうなネタは色々ありますし。
ただし2199系はほとんどが悲惨なオチになりそうな予感がしますが(苦笑)。

銀河はコスモリバースシステムを外せば普通に戦闘可能になると思いますのでそれほど問題にはならないと思います。
銀河による星間探査というストーリーは確かに面白いかもしれませんね。

山城2199

Re: 宇宙戦艦ヤマト2233
ぺんぺん草様、コメントをありがとうございます。

> 滅びの方舟の消滅から30年、地球とガミラスは協力して目的は異なるものの、それぞれの恒星間移民を協力して進めていました
> 小さな紛争はあるものの平和な宇宙に、星ひとつ無い暗黒の淵から"こそっと這い寄る混沌"・・
> 古代や島が、沖田艦長や土方艦長の年齢や(責任・権限のある)立ち位置になり、彼らの子供やその同僚が、ガ・ガ戦役で数多く失われた宇宙軍の新生を担う時代・・
> と、私妄想します

ここが難しいと思います。
実際、オリジナルでの「永遠」でも時間設定を数十年後にし、世代交代を図ろうとしたものの断念する結果になりましたし。
また正直なとところあまり時間がたちすぎますとヤマトも老朽艦として退役しているのが普通ですから、そこも制約の一つになると思います。

> トップをねらえ!の続編のトップをねらえ2!は、一万二千年の年月が流れて絵柄が"熱血"から" 萌~"に変わっても、前作の感動を押し上げて、その高みに並び立つ感動を与えてくれました(勿論円盤有)
> ヤマトでも必ずやってくれると、ぺんぺん草は妄想います

チップの狙え2ははっきりいえば1と切り離して考えることができる2520に近い作品ですし、それゆえ上手く言ったのではないかと愚考します。
ぶっちゃけってしまえば、ヤマトの主人く交代や世代交代はやろうと思えば出来ます。
しかしそれが作品としてプラスに働くかがまったく読めないんですよね~(苦笑)

山城2199

Re: うまく言えませんが
kazu様、コメントをありがとうございます。

> 全く違う時代のストーリーにしてオリジナルのキャラクターを切り離してみようとしても、初期のクルーが付いて回る、外してストーリーを立てようとしても、全く別物に
> でも、そこまでやるとヤマトではなくなる、もう違うものに変わってしまう、
> なんなんでしょうね

「ヤマトじゃなくてよくね?」
ヤマト成分をすべて取り除いた場合、必ず突っ込まれる言葉。
これがすべてを説明していると思います。

山城2199

Re: 世代や時代は越えられない
masa様、コメントをありがとうございます。

やはりmasa様の指摘なされている通り、ヤマトはヤマトというonly oneの宇宙戦艦を舞台に沖田艦長や古代たちのクルーによってつむがれている物語なのだと思います。
だからこそ新キャラの追加は許されても、メインとなるキャラの変更は許されなかったのではないかと思います。

> 願わくば、次の続編は
> 最初の冒険もののようにに戻りながらも
> 暗黒星団と戦っていく新しいヤマトを
> 見たいです 味方艦隊やガミラスの共闘が
> あればリアリティの意味ではどこまでも
> 宇宙の果てまで旅が出来そうですから(^◇^;)

同感ですね。
個人的には新たなる~完結篇の要素をすべてぶち込む覚悟で2205年あたりが良いのではないかと考えております。

鮫乗り

一文字当たった
>> 妄想してみました
>> http://blog.livedoor.jp/monocarver/archives/52228338.html

「和」は昭和から間がないから、ちょっと意外。

>鮫乗り様もブログを始められたのですね。
>もしよろしければ当ブログでリンク設定をさせていただければと思っておりますが、よろしいでしょうか?

blog開設は2004年でしたが、長らく休眠してました。
リンクは問題ないです。

逆に、blog記事からこちらのサイトに投稿したコメントへリンクした部分がありますが、よかったでしょうか?

山城2199

Re: 一文字当たった
鮫乗り様、コメントをありがとうございます!

> >> 妄想してみました
> >> http://blog.livedoor.jp/monocarver/archives/52228338.html

「承認」で笑わせてもらいましたww
ところで最新の記事「ゼルグード」の考察はごもっとも。
実際、あのシーンはシナリオ段階での内容とずいぶん変わっているそうなので、色々おかしいシーンが多いんですよね。
このことは改めて記事にしてみたいと思います

> blog開設は2004年でしたが、長らく休眠してました。
> リンクは問題ないです。

どうもありがとうございます!
早速リンクに追加させていただきました。

> 逆に、blog記事からこちらのサイトに投稿したコメントへリンクした部分がありますが、よかったでしょうか?

全然問題ございません。
むしろ取り上げていただき感謝のきわみ(笑)
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム