FC2ブログ

ヤマト式敬礼に関する考察

皆様今晩は。
昨日アップいたしました「ヤマト式敬礼に関する疑問」に関して多くのコメントをしていただき誠にありがとうございます。
ヤマト式敬礼に関する強い思い入れや、「このような解釈も可能ではないか?」と言うご指摘をいただき、どのコメントも非常に興味深く読ませて頂きました。
特に「こうではないか?」のご指摘には結構触発されるものがあり、改めて2202におけるヤマト式敬礼と海軍式敬礼についての関係を考えてみましたところ、一つの仮説が浮かびましたので、今回はこの仮説についてまとめてみたいと思います。

2202における敬礼について


「国連宇宙軍から地球防衛軍に組織が改変された際、敬礼のも海軍式からヤマト式敬礼に変更になった。」
まず大前提としてヤマト式敬礼に関するこの設定は確定事項としたいと思います。
そうでなければ古代たちが藤堂長官や銀河の藤堂艦長に対してヤマト式敬礼をしている説明がつかないからです。

その上で、改めてこの敬礼の変更を考えてみると、地球防衛軍改変時に行われた敬礼の変更とは次の3点からなっていたのではいでしょうか?

①指揮官(艦隊指令及び艦長職)の敬礼は従来の海軍式敬礼とする。
②それ以外の者の敬礼はヤマト式敬礼とする
③それ以外の者がする海軍式敬礼は最敬礼とする。


①に関しては艦隊指令や艦長職にあるものは制帽の着用が義務付けられていることから、従来の海軍式敬礼が残されたものだと思われます(コメントで指摘されている方もおりましたが、本来あの敬礼は帽子をかぶっているとき限定のものですので)。
一方、それ以外の者は無帽であることから海軍式敬礼からヤマト式敬礼に変更になったものと思われます。
何故ヤマト式敬礼のような敬礼に変更になったかは不明ですが、地球防衛軍は本来国連参加国の連合軍にすぎなかった国連宇宙軍を完全に一つの軍組織として再編成するための意識改革としてオリジナルの敬礼を導入する必要があったのかもしれません。
あるいは、「進撃の巨人」の敬礼のように「地球にこの命をささげる」という意味であのようなスタイルになったのかもしれません。
20190320_img002.jpg

海軍式敬礼の最敬礼化


2202の敬礼でもっとも問題となったのは、艦隊指令や艦長職以外の者で海軍式敬礼をしているものがいることです。
これについてはかなり悩みましたが、このシーンをが描かれているのは
①第6章で最終決戦に向うヤマトを見送るとき
②第7章で総員退艦をしたヤマトに対して
の2シーンです。
ここで共通していることは、敬礼している側が最大の敬意を相手に向けているということです。
ここから考えられることは、海軍式敬礼は艦隊指令や艦長職の敬礼と意味のほかに、最敬礼という意味が持たされているのではいかと言うことです。

最敬礼とは「お詫びをするとき、深い感謝を表すとき、重要なお客さまをお見送りするとき」などに用いるもので、日本においては、背筋を伸ばして腰から上体を45度の角度に深く折り曲げ、真下よりやや前方に視線を落とす様式がとられています。
2202世界では軍隊の最敬礼として海軍式敬礼が採用されたのではいでしょうか。
もし解釈が正しいとするならば、2202第2話の英雄の丘のシーンで、ヤマトクルーが起きた艦長に海軍式敬礼をしていたことは意味深いものがあります。
20190320_img001.jpg
私はこれは亡き沖田艦長は国連宇宙軍時代の敬礼しか知らないから、ヤマト式敬礼ではなく当時の海軍式敬礼をしていたのかと思っていましたが、今回の解釈が正しいとするならば、彼らは沖田艦長に最敬礼をしていたことになります。
彼らの心情を考えるならば、こちらの方が納得できます。

また、第7章で退艦したヤマトに向けて、ヤマトクルーはヤマト式敬礼をしているのに対し、彼らを救助していた艦隊のクルーたちが海軍式敬礼をしていたのにもこの解釈を前提とすると面白いです。
救助されたクルーたちは、これまでの感謝の気持ちでヤマト式敬礼をしていたと思われますが(あるいはヤマトは別働隊が修理ドックのある火星に曳航すると聞かされていたのかもしれません)、救助艦隊のクルーはこれからヤマトが何をするか知っていたので、最敬礼で別れを告げていたのではないでしょうか?
このように解釈すると古代君は本当に最期までヤマトクルーたちを上手く騙していたんだなと、彼のある種の成長を感じられますね。
20190320_img003.png


以上が私の仮説です
勿論、これらのことはあくまで仮説であり、正しいという保障はありませんが、2202における敬礼についての疑問が一通り説明できるのではないかと思われます。
いかがでしょうか?

最後に、このような仮説を立てたられたのは皆様のコメントのおかげです。
本当にたくさんのご意見、ご指摘誠にありがとうございました!


スポンサーサイト



コメント

鮫乗り

本編では
敬礼に注目して2202を見直してみましたが、ヤマト式(●)は4話以降のヤマトクルーしかしてない?
コックピットのヤマトクルーや航空隊は挙手敬礼(△)で統一のようです。
山崎や星名たちは、4話はヤマトクルーなので●、19話は銀河艦内服を着ているので△。
唯一の例外は25話「古代が残ってる」の古代ですが、ここはさらばもそうですからねd(^-^)

2話
 △お勤めご苦労様ですの雪
 △英雄の丘のヤマトクルー
 △ご無事でのコックピット山本
3話
 △土方と見送りのヤマトクルー
4話
 ●艦橋の古代と海底ドッグ残留組
5話
 △無事の帰還を…の藤堂長官
 ●答礼する艦橋のヤマトクルー
8話
 ●拝受しますの雪
10話
 ●緊急事態だの古代と斉藤
16話
 △デウスーラ脱出時コックピットの古代
 ●ガミラス式からヤマト式のキーマン
18話
 △沈む艦橋の安田艦長
19話
 ●土方の退艦指示に了解の古代
 ●藤堂早紀に会ったヤマト移乗クルー
 △銀河へようこその藤堂早紀
21話
 △共に生き抜くためにの藤堂早紀
22話
 △加藤に再会の航空隊員
 △銀河甲板の宇宙服の人々
 △銀河クルーの山崎や星名たち
 △銀河艦橋の藤堂早紀たち
25話
 ●退艦したヤマトクルー
 △艦橋に残った古代(さらばと同じ)
 △艦艇上の宇宙服の人々

山城2199

Re: 本編では
鮫乗り様、詳細な分析ありがとうございます!
>山崎や星名たちは、4話はヤマトクルーなので●、19話は銀河艦内服を着ているので△。
これが本当に解釈に困りました(苦笑)

>唯一の例外は25話「古代が残ってる」の古代ですが、ここはさらばもそうですからねd(^-^)
私はここは古代君がヤマト艦長になっていますので、違和感はありませんでした。

しかしヤマトクルー以外でヤマト式敬礼をしているシーンがあればもう少し分析は簡単だったのですが・・・
一番可能性のあった銀河のクルーたちは結局してくれませんでしたしね(笑)

鮫乗り

佐渡先生は
いつも挙手敬礼ですかね?

山城2199

Re: 佐渡先生は
鮫乗り様、コメントをありがとうございます

> いつも挙手敬礼ですかね?

佐渡先生は退役しており、ヤマトには勝手に乗り込んでいるだけですので、ヤマト式敬礼はあまり馴染みが無いのかもしれません。
敬礼をするときは使い慣れた海軍式を使っていただけなのかもしれませんね。
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム