FC2ブログ

ただ今帰還いたしました

「皆様こんばんは
第7章新星篇の視聴を終え先ほどTジョイ博多から帰還いたしました。
昨日予告していた通りブログの更新はするつもりはありませんでしたが、どうしても抑えきれないため短いですが簡単な感想を。

それと本題に入る前に、本日コメントをしていただいた皆様、本当にありがとうございます。
ちょっと明日は朝から忙しいのでコメントの返信はできないかもしれませんが日曜日には必ず返信しようと思っています。
返信が遅くなりそうなことをまずはお詫び申し上げます。

さてここから本題
私の第7章新星篇の感想は、思っていたよりかは面白かったが不満な点も凄まじく多い、です。

実際のところ色々とこれまでの伏線(特に雪関連)は完全に無視していますが、ストーリーとしては綺麗にまとまっており2202の完結篇としては悪くなかったと思います。
しかし一方で、2199や2202初期の設定を上手く使えばもっと面白くなったのではないかとも思えて残念でなりません。

特に最終決戦においては尺の都合もあったのかもしれませんが「違う、そうじゃない」と思えるシーンも多く(特に土方・徳川・加藤の戦死シーンはあまりに雑すぎます)、いっそ復活篇のようにDC版を出して作り直してほしいところです。

一方で、最終話における芹沢さんは本当に良かった。
考え方の違いから悪役にされがちな芹沢さんでしたが、彼もまた善良な人間であることが短いながらも良く描かれていたと思います。
完全に賛否が分かれる内容の最終話でしたがこの点だけは私は高く評価したいですね。

それにしてもあの終わり方は完全に次を見据えていますね。
古代と雪の物語りもまだまだ続けられそうですし、ぜひがんばって暗黒星団篇に突入してほしいところですが・・・





スポンサーサイト



コメント

トリプルオー

第7章
私も第7章は「さらば」の要素を十分入れつつうまく話をまとめたなぁという思いですが、不満も多いです。2202全体にも言えることですが、いろいろなところを端折りすぎている気がしてなりません。今まであれだけ波動防壁を使っていたのに最終決戦では一度も出てこなかったような・・・。いろいろ何でだろうと思うことも多すぎました。ちょっと残念です。

鮫乗り

無事?帰還、お疲れ様でした
賛否が別れそうな最終章。

Science Fictionとして何故?を気にしだすとキリがないですね(汗)

Space Fantasyとしても、最終決戦があっさりしすぎ?
最終話も各パーツは良いのに、話の核心部が難解過ぎて・・・

とはいえ、私はこれはこれでアリってタイプなんで、楽しませてもらいました(⌒0⌒)

これから、あれこれ妄想、検証する楽しみが沢山あるってことで(笑)

kazu

自分も鑑賞してきました
総じては良かったと思ってます。
前半から後半への移りが、いきなりそっちに行くかい、みたいな。端折り過ぎは同感です。
ただヤマトが次元潜航艇のように現れたのが違っていたとは。おいおい、と。
まだ詳しいネタバレ的な書き込みは控えたほうがよさそうですので、後で書き込ませていただくかもにしておきます。
ただ、いつもより観客が多くてちょっと驚きでした。グッズもさっさと無くなるし。orz

鮫乗り

初日
kazu さんと同じ感想を同じシーンで感じました。

初日の夕方で、サントラを含めて、グッズは売り切れ続出でした

サントラといえば・・・
裏面ジャケ
https://pbs.twimg.com/media/D0jkC4_U4AA1NCk.jpg

> ジャケが銀河であることに文句が噴出
> →副:あれは裏側ジャケじゃ。

×:あれ=銀河
○:あれ=ヤマト

やはり、副監督の日本語は難しい(苦笑)

kazu

鮫乗り様
ありがとうございます😊
私は前半は結構好きな方ですね。
そこはかとなくツッコミ入れたくなった場面もありましたが。
一言だけ。アベルト、期待したとおり残念でしたよ。

あ〜具体的に書きたいけど書けないー

スパロー

No title
山城2199様
お疲れ様でした 7章、総論感想は他の方に委ねるとして・・・
引っ張るだけ引っ張っておいて
コスモタイガーⅡ復座型の活躍シーンがまったく無いって・・・
プラモ出れば買いますが・・・。

ぺんぺん草

14万㎞の落とし穴
ヤマト2202のお話は、伏線を丁寧に回収して物語を真実のラストへと、一気呵成に突き進む、良い流れでしたが、パンフレット等の静止画における

彗星都市帝国と宇宙戦艦
( 14万㎞ ) と ( 数百m )

との対比表現が、全く残念でした、パンフレット27頁の滅びの方舟上部とガミラス艦の静止画では、ガミラス艦の全長が1000㎞以上に見えますぅ?
前売り券のポスター・クリアファイルのヤマトと滅びの方舟の対比も疑問?ですョ
昔々、新たなる旅立ちの自動惑星ゴルバは最初は全長2000㎞でしたが、同一画面内でのヤマトとの対比バランスを考えて、720mへと、可哀想なくらいに縮められました
40年昔の設定のほうが自然で万人の理解を得られると、思います

せめて、都市帝国の大きさが、地球くらいなら、重力レンズの影響で見た目の大きさに違和感が生じる?と、出来たのに

大きさの件が多分唯一の不満です



masa

私も見終わりました(^^)
いろいろありましたが
とにかく!
隊長…ありがとう
あのシーンから、まるで40年前に
タイムスリップしたみたいに
引き込まれました(╹◡╹)

佐渡鮭蔵

鑑賞してきました
第7章見てきました。
2199で過去のツッコミどころをなるべく理屈付けしたのに、また、ツッコミどころ満載に戻ってしまったのが❌と、26話にあれだけの尺を使うなら24話、25話を充実させて欲しかったですね。
ただ、世間から駄作と言われよう秀作と言われようとヤマトはヤマトなので、Yahoo!映画で酷評している方の気持ちはわからないなぁ😅
私も2202に不満はありますが、過去の作品を神格化して本作を酷評する必要はないと思うのですが…

kazu

yamato2202.netにて
キャラクターのページに、
ガミラス軍のヴォルフ・フラーケン、ゴル・ハイニ、ヤーブ・スケルジ の3人がupされました。特にフラーケンは、登場のさせ方にもうワンシーン入れたらスッキリしたのにと思えてなりません。

山城2199

Re: 第7章
トリプルオー様、コメントをありがとうございます

> 私も第7章は「さらば」の要素を十分入れつつうまく話をまとめたなぁという思いですが、不満も多いです。2202全体にも言えることですが、いろいろなところを端折りすぎている気がしてなりません。今まであれだけ波動防壁を使っていたのに最終決戦では一度も出てこなかったような・・・。いろいろ何でだろうと思うことも多すぎました。ちょっと残念です。

確かに最終決戦は不満な点が多かったですね。
特に土方・加藤・徳川の三人の戦死の描写があっさり過ぎていました
土方なんかはせっかく雪の養父というおいしい設定があったのですから、記憶喪失を引っ張るのではなく、銃撃で記憶を取り戻して職場に復帰、雪に看取らせるなどの展開が欲しかったところです。

そういえば確かに波動防壁使っていませんでしたね?何ででしょう?
まあトランジスト波動砲の威力が大きすぎて波動エンジンに不調が生じてしまい、ワープ及び波動防壁の展開が不可能になっていたと考えておくのが一番かもしれませんね。

山城2199

Re: 無事?帰還、お疲れ様でした
鮫乗り様、コメントをありがとうございます

> とはいえ、私はこれはこれでアリってタイプなんで、楽しませてもらいました(⌒0⌒)

私もなんやかんや言いながら楽しませてもらいました♪(笑)

> これから、あれこれ妄想、検証する楽しみが沢山あるってことで(笑)

正直なところあまりに突っ込みどころが多いので感想ですら書くのがえらく大変になりそうです(苦笑)
あと雪の過去やテレサのメッセージが届かなかった理由、透子殺害未遂犯の正体など、いろいろなことが投げっぱなしシャーマンになっていたことはちょっと残念ですね。

山城2199

Re: 自分も鑑賞してきました
kazu様、コメントをありがとうございます。

> ただヤマトが次元潜航艇のように現れたのが違っていたとは。おいおい、と。

あそこはそもそもつながり自体悪いんですよね。
もうちょっとワンクッションおくなり、あの浮上シーンはもう少し盛り上げてほしかったです。
あとワープの登場方法が突然変わったのは私も驚きました
恐らく最終決戦仕様への改造で変わったのだと思いますが、それならそうと説明くらい欲しかったところです

> ただ、いつもより観客が多くてちょっと驚きでした。グッズもさっさと無くなるし。orz
うちもグッズは初日にほぼ全滅でした(笑)

山城2199

Re: 初日
鮫乗り様

> サントラといえば・・・
> 裏面ジャケ
> https://pbs.twimg.com/media/D0jkC4_U4AA1NCk.jpg
>
> > ジャケが銀河であることに文句が噴出
> > →副:あれは裏側ジャケじゃ。
>
> ×:あれ=銀河
> ○:あれ=ヤマト
>
> やはり、副監督の日本語は難しい(苦笑)

これ、副監督のほうがおかしいですよ。
この話の流れならどうみても「あれ」は「銀河」を差す事になるはずです。
ところでCDはヤマトクルーで購入したのですがまだ届きません。
なんてこったい・・・

山城2199

Re: No title
スパロー様、コメントをありがとうございます

> コスモタイガーⅡ復座型の活躍シーンがまったく無いって・・・

そこは文句なくひどいです
第6章の複座型の話はなんだったのかと私も本当に問い詰めたいです!

山城2199

Re: 14万㎞の落とし穴
ぺんぺん草様、私はシナリオの突っ込みポイントが気になってそこは全然気になりませんでした(苦笑)
言われてみれば確かに・・・
ですが、2202の大きさ設定は以前からかなりいい加減なのであまり気にしないほうが良いと思います。
私も機動甲冑のサイズがころころ変わることでサイズについて気にするのはやめました(苦笑)

山城2199

Re: 私も見終わりました(^^)
masa様、コメントをありがとうございます

> いろいろありましたが
> とにかく!
> 隊長…ありがとう
> あのシーンから、まるで40年前に
> タイムスリップしたみたいに
> 引き込まれました(╹◡╹)

あの一連のシーンは文句なく良かったです。
ただキーマンの仕掛けた爆破で山本機が誘爆の流れはどうかとは思いましたが・・・
山本行方不明はもっとほかの方法で良かったと思います

kazu

ヤマトのワープアウトは
もしかしたら、元々は、地球人に降伏勧告している間の静止している前にこっそり近づくためにはワープでなく勘付かれにくい次元潜航の方法にしてフラーケンはもっと出番が早かったものの、尺の関係でワープに切り替わったのではないかと思っています。
山城2199様おっしゃるとおり、ぶつ切りにされた感たっぷりでしたから。あの辺りは丁寧に出したら味が出るんですけど。

山城2199

Re: 鑑賞してきました
佐渡鮭蔵様、コメントをありがとうございます


> 第7章見てきました。
> 2199で過去のツッコミどころをなるべく理屈付けしたのに、また、ツッコミどころ満載に戻ってしまったのが❌と、26話にあれだけの尺を使うなら24話、25話を充実させて欲しかったですね。

同感です
最終決戦はかなり尺不足のように感じましたので、もうちょっと尺の配分を考えてほしかったですね。
せめて23話の話までは第六章までに済ませておくべきだったと思います

山城2199

Re: yamato2202.netにて
kazu様

> キャラクターのページに、
> ガミラス軍のヴォルフ・フラーケン、ゴル・ハイニ、ヤーブ・スケルジ の3人がupされました。特にフラーケンは、登場のさせ方にもうワンシーン入れたらスッキリしたのにと思えてなりません。

2202ではいつもそれなんですよね
例えば藤堂艦長も第1章から藤堂長官の秘書をやっているなどそれとなくいれば第5章での「誰、あんた?」みたいな反応はなかったと思うのですが。

kazu

早紀は
当初は藤堂長官とはなんの脈絡もないキャラ設定だったところに、長官の娘にした方が良くね?となって設定変更されたんでしたよね。変更後はそれなりに辻褄合わせはしてるようですが、当事者はこれで良かったと喜んでいるようです。
ストーリー自体を途中で変えてしまうから、後で、なんで?となる。全体に串が通っていない作り方が、他のパーツにも関わっていて、それがそこはかとなく消化不良満載になってしまったのが2202なのではと思えるのが残念なところかなと思えます。

山城2199

Re: ヤマトのワープアウトは
kazu様

> もしかしたら、元々は、地球人に降伏勧告している間の静止している前にこっそり近づくためにはワープでなく勘付かれにくい次元潜航の方法にしてフラーケンはもっと出番が早かったものの、尺の関係でワープに切り替わったのではないかと思っています。

もしご指摘が正しいのならば、そこは絶対削ってはいけない場所だと思うのですが(苦笑)

山城2199

Re: 早紀は
kazu様、情報ををありがとうございます

> 当初は藤堂長官とはなんの脈絡もないキャラ設定だったところに、長官の娘にした方が良くね?となって設定変更されたんでしたよね。変更後はそれなりに辻褄合わせはしてるようですが、当事者はこれで良かったと喜んでいるようです。

本当ですか?
そんなことをやっていたらそりゃあ全体がおかしくなりますよ(苦笑)

kazu

早紀について2
山城2199様
返信ありがとうございます😊
早紀については、銀河の艦長で女性とまでは決まっていたが、誰かの係累のほうが馴染みやすくね?だそうです。愛の宣伝会議7章②後半で述べられています。
1話公開前かもしれませんが、唐突に打ち込むあたり、全体のストーリーの流れに自然に溶け込ませようとする工夫が足らないんだと思います。

山城2199

Re: 早紀について2
kazu様、こちらこそ返信をありがとうございます

> 早紀については、銀河の艦長で女性とまでは決まっていたが、誰かの係累のほうが馴染みやすくね?だそうです。愛の宣伝会議7章②後半で述べられています。
> 1話公開前かもしれませんが、唐突に打ち込むあたり、全体のストーリーの流れに自然に溶け込ませようとする工夫が足らないんだと思います。

伏線も何もありませんね(汗)
薄々思っていたのですが本当にに2202はやりたいと思ったことを片っ端からぶち込んでいたという感じだったのですね(苦笑)

Spiegel

鑑賞終
こんにちは <(_ _)>

私は鑑賞前に「(古代の生死に関わらず)時間断層は多分無くなるだろうけど
どーやって消滅させるつもりなんだろう?」と言う考えを持っていたんですが…
あー言う風に使用するとは思わなかったです。

それと「コスモタイガーⅡ復座型」に関しての感想は同意。(苦笑い)

山城2199

Re: 鑑賞終
Spiegel様、こんばんは
コメントをありがとうございます。

> 私は鑑賞前に「(古代の生死に関わらず)時間断層は多分無くなるだろうけど
> どーやって消滅させるつもりなんだろう?」と言う考えを持っていたんですが…
> あー言う風に使用するとは思わなかったです。

同感です。
これは本当に予想できませんでしたね。
批判の多い国民投票ですが、真田さんの演説はとても良かったと思います。
あのような熱い真田さんが見られたのは時間断層の最大の功績ですね(笑)
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム