FC2ブログ

新星篇60秒PV感想③-ガトランティス陣営について-

皆様こんばんは。
昨日公開された60秒PVについての感想第3回目、今回はPV内で描かれたガトランティス陣営について述べたいと思います。

最終章のキーパーソンはガイレーン?


20290131_img003.png
今回のPVの前半で最も注目を浴びていたキャラ、ガイレーン。
これまで正体不明の謎キャラとして扱われていましたが、最終章ではその正体と共に物語を左右するキーパーソンになるのではないかと思います。

ちなみにガイレーンの正体についてはネット上では容姿が大帝と似ていることから先代ズォーダーではないか?という意見が多いようですが、私はこれは少し違うのではないかと思っています。
私の考えでは、ガイレーンは「タイプ・ズォーダー」のプロトタイプであり、このタイプをもとにさらに強化して完全版として誕生したのがズォーダーなのではないでしょうか。
元になったいう意味ではガイレーンは「タイプ・ズォーダー」の父親と言ってもよいかもしれませんが、厳密にいえば直系のクローンではない(血統に当てはめれば遠縁の親戚という感じ)と思います。

さてこのガイレーンですが、恐らく第7章で大帝に反旗を翻すのではないでしょうか?
この人物は声こそどこかのラスボスであってもおかしくないですが、これまでの言動を見る限り、ガトランティスの中でも良識ある人物であることがうかがえます。
そもそも「滅びの方舟」を起動させるために死者を利用することに嫌悪感を示していたり、復讐を拒絶したサーベラーの意思に従うべきであるとズォーダーを諫めるなどズォーダーの推進する全人類の抹殺については全面的に賛同はしていないようです。
それでも彼が従っているのはズォーダーがガトランティスの指導者として誕生した存在であり、また少なくとも同胞を虐待したゼムリア人に対しては彼自身も恨みがあったからではないかと思われます。

あくまで予想ですが、彼はズォーダーほどはまだ人類という種そのものに対しては絶望しておらず、また古代と雪の愛の強さを知ったり戦いをやめようとする古代の主張を聞いて自分たちが間違っていると確信を抱くのではないでしょうか?
そしてなおも強硬姿勢を貫く大帝を止めるべく反乱を起こす流れになるのではないかと思われます。

相争うガトランティス兵器


PVのひっかけでなければ、第7章でガトランティスの兵器同士が戦うシーンがあるようです。
20290131_img014.png
初登場の謎の艦
兵装やシルエットががミサイル戦艦に似ていることからネット上では後期型ゴストーク級ミサイル戦艦ではないか(ゴーランドが座乗していたのは前期型)と指摘されていますが真実はいかに?
20290131_img015.png
黒い大戦艦群
船体色が黒いのは誕生したばかりの大戦艦はこのような色をしているという設定なのか、それとも方舟中枢を守る親衛艦隊だからという設定があるのかは判断できません。
余談ながらこのミサイル戦艦にしても大戦艦にしても黒い船体色はなかなか良い感じですね。

上の予想が正しのであれば一方はガイレーンの有する戦力ではないかと思われます。
戦力的にみてミサイル戦艦の方がガイレーン陣営のものであり、恐らくガイレーン自身が遠隔操作をしているのではないでしょうか。
PV冒頭でガイレーンが頭を抱えて苦しんでいるのはこの艦が沈んだことによりそのダメージがフィードバックしたからではないかと思われます。
20290131_img018.png
PVで見る限りガイレーン本人もズォーダーに殺されてしまうようですが、恐らく彼が起こした反乱によって生じた隙からヤマトは白色彗星攻略を見出すのではないでしょうか?
あるいはガイレーン自身も自分の反乱が成功するとは思っておらず、ヤマトが大帝を止めてくれると信じて援護を行ったという感じなのかもしれませんね。

ミルvs古代?


20290131_img013.png
背後から突き付けられるコスモガン
20290131_img016.png
振り向くとそこに立っていたのは・・・
20290131_img017.png
古代君でした(それにしても突入時にはヘルメットをかぶっていたのですが、それはどうしたのでしょうか?)

前章の引きからキーマンに選択を迫っていたミル君ですが、やはりその場に古代が介入しゲームをご破算にするようです。
あっさり背後を取られているあたり、ミル君はガトランティス人にしてはあまり戦闘向きではないようですね。
普通に考えればここからの反撃は不可能ですが、実際にはこのあと古代君は追い詰められてしまうことは確定しています。
古代君の戦闘力は決して低くはないので、いったい何が起きるのでしょうか?

多分ですがこの後デスラー総統を救援するために、タラン率いるガミラス艦隊が到着し、その混乱に紛れてミル君は逃げることに成功するのではないでしょうか?
そして何らかの理由で古代君が一人になったところを、ゲームを邪魔したお返しとして射殺しようとし、雪がかばって撃たれるという流れになるのではないかと思われます。
20290131_img022.png
よく見ると上での古代君が立っているシーンの背景と雪が撃たれているシーンの背景は違います。
雪のほうは通路っぽいので、デスラーとの和平が成立しヤマトに戻るべく単独で歩いているところを襲われた…と考えれば決しておかしくない流れだと思います。

ところで今回のPVではガイレーンとミル君以外のガトランティス幹部が全く登場しません。
サーベラーはともかく、ほかの幹部たちはなんか雑に扱われそうな予感がします・・・
特にバルゼーあたりは援軍で到着したフラーケンのかませとして乗艦ごとあっさり処分されてしまいそうな気が…(汗)
もともとオリジナルである「さらば」でもバルゼーはいつの間にかフェードアウトしてしまいましたし、他の幹部もいるだけという扱いでしたから、そのリメイクである2202でも雑に扱われてしまうのも宿命なのかもしれませんね・・・









スポンサーサイト



コメント

ぺんぺん草

狂った独裁者
ガイレーンがズォーダーに殺される、とのお話ですが、旧作ににおいて、"ヤマトとの和平を、地球との共存を"と、進言したヒス副総統が、デスラー総統に射殺された場面を思い起こしました
製作者の方々の演出かも知れませんが、強敵の本拠地における、最終決戦での、このお話の流れは、歴史は繰り返すなかぁ?と、思いました、あと、ア・バオア・クーでも同様なことがあった様な記憶があります

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

kazu

ガトランス人
>ガイレーンは「タイプ・ズォーダー」のプロトタイプ
これは1票です。おそらく作るのには成功したものの、理性が出て、客観的判断をしてしまうため、それを除去し改良したのが大帝ではないかと思います。服もガイレーンの方が威厳がありそうです。

黒いカラクルム級を攻撃しているのはたしかにゴストーク級ミサイル戦艦ですね。これを動かせるのはガイレーン以外は考えにくいですが、無人艦ならたった1隻でなく100隻くらいの艦隊でもよかったのでは、どのみちカラクルム級は数多でしょうから。周りにぶら下がっているカラクルム級はさしずめ生まれたてってところでしょうか。果たしてガイレーンの反旗に同調する幹部はいるのでしょうか?ここで登場しないとただのモブキャラに転落ですね。

フラーケンは次元潜航艦 UX-01ではなさそうですがガトラン攻撃に参画してほしいです。ヤマトが次元潜航艦のような現れ方をしているので期待しています。

ズォーダーへ、「ここまでだ人間どもよ」と言ってらっしゃいますが、ガミラス人と地球人だけが人間ではありませんよ。

山城2199

Re: 狂った独裁者
ぺんぺん草様、コメントありがとうござます。

> ガイレーンがズォーダーに殺される、とのお話ですが、旧作ににおいて、"ヤマトとの和平を、地球との共存を"と、進言したヒス副総統が、デスラー総統に射殺された場面を思い起こしました

私も実はそのイメージです。
2199ではそのシーンは消滅してしまいましたので、2202で使われることになったのかもしれませんね。

> 製作者の方々の演出かも知れませんが、強敵の本拠地における、最終決戦での、このお話の流れは、歴史は繰り返すなかぁ?と、思いました、あと、ア・バオア・クーでも同様なことがあった様な記憶があります

まあ独裁というのは不協和音が生じやすいものですからね。
また、イケイケの時はトップが下の不満を実績によって抑え込むことができますが、劣勢になった場合はそれができなくなり爆発する・・・という感じなのではないかと。

山城2199

Re: No title
通りすがり様、ご指摘ありがとうございます。
おっしゃる通り完全に書き間違いでした。
その部分は早速修正させていただきました。
本当にありがとうございます。

山城2199

Re: ガトランス人
kazu様、コメントをありがとうございます。

> >ガイレーンは「タイプ・ズォーダー」のプロトタイプ
> これは1票です。おそらく作るのには成功したものの、理性が出て、客観的判断をしてしまうため、それを除去し改良したのが大帝ではないかと思います。服もガイレーンの方が威厳がありそうです。

なるほどそのような理由も考えますね。
私としてはガイレーンは「感応波ネットワークによる兵士の統率、諜報戦へ対応する為の精神構造と記憶領域」という脳の領域の研究のために作られため戦闘能力は度外視されており(つまり弱い)、その研究が成功したので戦闘力を兼ね備えた「タイプ・ズォーダ」タイプが作られっることになったのではないかと予想していました。

> 黒いカラクルム級を攻撃しているのはたしかにゴストーク級ミサイル戦艦ですね。これを動かせるのはガイレーン以外は考えにくいですが、無人艦ならたった1隻でなく100隻くらいの艦隊でもよかったのでは、どのみちカラクルム級は数多でしょうから。

あのシーンでは1隻しか動いていませんでしたがPV内に同型艦が多数映っているシーンもありましたので、当初は艦隊規模だったのかもしれませんね。

周りにぶら下がっているカラクルム級はさしずめ生まれたてってところでしょうか。果たしてガイレーンの反旗に同調する幹部はいるのでしょうか?ここで登場しないとただのモブキャラに転落ですね。

・・・なんとなくモブキャラ確定な気もしています(汗)
>
> フラーケンは次元潜航艦 UX-01ではなさそうですがガトラン攻撃に参画してほしいです。ヤマトが次元潜航艦のような現れ方をしているので期待しています。

同感です。
個人的にはヤマトが次元断層内を移動するときの先導役という役割を期待したいですね
あまり活躍してしまうとそれはそれでヤマトの出番が減ってしまいますので(苦笑)
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム