FC2ブログ

(補論)古代守の死因は?

皆様こんにちは。
昨日の記事を書いていたときにふと思いついた事実がありましたので、今回はそれについてまとめてみたいと思います。
それは古代守の死因についてです。

古代進の兄、古代守は冥王星会戦後、ガミラスの捕虜となり本星に連行される途上で事故によりイスカンダルに不時着、スターシャに助けられました。
そして彼女の手厚い介護を受け、愛し合う関係にまでなるものの、結局、ヤマト到着前に病死。

以上が2199本編で判明している古代守のエピソードですが、気になるのは地球よりも遥かに科学技術が発達しているイスカンダルの治療を受けながらどうして結局助からなかったのかという事です。
少なくともヤマトに残したメッセージを見る限り、やつれてはいるものの外観上の傷は残ってはおらず、また後にスターシャが妊娠している事実から見ても守の体がそれなりに回復していた事は明らかです。
そのためネット上では、守の死因は腹上死ではないかと不名誉な説が流れていますが、昨日の記事で書いたようにサウザー恒星系自体が「青い肌」を持たない人間にとっては長生きできない地であるという事実があるとすれば古代守が結局助からなかった理由も説明がつきます。
結論から行ってしまえば、古代守の体はイスカンダルの環境に対応できなかったのだと思われます。

恐らく当初はイスカンダルの優れた医療技術による治療を受けて守の体は一旦は全治したと思われます。
ところがヤマトが来る約半年間の間に、今度はイスカンダルの環境によってその体が蝕まれていったのではないでしょうか。
あるいは活動的な守兄さんのこと、リハビリとしてイスカンダルを色々歩き回っており、そのため、青い肌以外にとっては有毒なサウザー星系の太陽光を浴びまくった事が原因かもしれません。

勿論、スターシャもイスカンダルの環境が青い肌を持たない人種にとってはあまり良い環境ではない事は知っていたでしょう。
しかしそこはイスカンダル出身の悲しさ、知らないうちに自分たちにもそれなりの耐性ができていることもあって、彼女たちの認識では「100年の寿命が50年になる」程度の認識であったと思われます。
そのため、まったく耐性のない地球人にとって半年間の生活ですら致命傷である事に気がつかなかったのではないでしょうか。

結局、守は一度は子供を宿せるまでには回復したものの、今度はイスカンダルの環境にやられて徐々に体を壊していったのだと思われます。本人たちもまさか環境そのものが原因であるとは考えられず、戦傷によるダメージがぶり返したと考えていたのではいでしょうか。
そして最終的にはイスカンダルの土地で息を引き取る事になりました。
これが古代守の死の本当の経緯ではないかと考えます。
イスカンダルに不時着した事がむしろ命とりになったのは皮肉(予定通りガミラスに到着していれば、サンプル収集後、星系外の収容所に移され長生きは可能だったと思われます)ですが、たとえ途中で真相に気がついたとしても、守はスターシャに出会ったことには感謝し、全てを受け入れたと思います。
そしてそういう人間だからこそ、スターシャもまた彼を愛したのではいでしょうか。
20181125_img001.jpg
なお余談ながら、ガミラスにはザルツ人など青い肌を持たない人種が住んでいますが彼らは大丈夫なのかという問題があります。
結論から言えば、勿論大丈夫ではないでしょうが、恐らくガミラス政府としては特に問題にしていなかったと思われます。
なぜなら青い肌を持たない彼らは所詮は「2等臣民」であり、彼らの生死に注意を払うものはほとんどいなかったと思われます。
ただ、結構真面目に民族融合を考えていたデスラーは第二バレラスの建造でガミラスに天蓋をするようにしており、有毒な太陽光を可能な限り遮る様にしていたのではないでしょうか。
ちなみに、ヤマトクルーはイスカンダルで海水浴をしていましたが、長期滞在となれば結構やばかったのではないかと思われます。
20181125_img002.jpg

本日は夜にもう一つ記事をアップする予定です(恐らく11時ごろ)。
よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム