FC2ブログ

むらかわ版2199休載の理由が判明

皆様今晩は。
本日、小林誠副監督のTwitterをチェックしていた時に、むらかわみちお版2199が休載になった思われる原因が判明しましたのでその事について書きたいと思います。
以前より噂で囁かれていましたが、原因はやはり雪のクローン人間設定だったようです。
20181107_img002.jpg
どうやらこの設定が気に入らなかった副監督が横槍を入れたことで大もめになり休載という事態にまで発展した模様です。
この部分は連載版ではカットされましたが、むらかわみちお氏によれば単行本において復活すると明言しておりますので、単行本9巻がいつまでたっても発売されないのも同様の理由であると思われます。
20181107_img001.jpg
この設定の是非はともかくとして、そもそも小林副監督にこのような横槍を入れる権利があるのでしょうか?
副監督として製作指揮を取っている2202のコミカライズであるならば、小林副監督が口を出す権利も資格もあると思います。
しかし2199において小林氏は背景美術を担当した1スタッフでしかなく、個人的な感想として「気に入らないな」という程度ならまだしも横槍をいれて修正させるような権利はないのではないでしょうか?

なお雪のクローン設定は2199の初期にあった没案のひとつというのは有名な話です。
もともと出渕裕総監督は「雪=ユリーシャ」という設定で2199のプロットを作ったらしいのですが、当時まだご存命だった西崎義展氏に反対され没になり、その後クローン人間などいくつか設定考えられたもののいずれも日の目を見ることなく、雪の正体については結局どのような解釈でも可能であるような有耶無耶のものになったようです。
はっきりいえばむらかわ氏の漫画はそうした初期案の一つを採用しただけであり、むらかわ氏自身も連載にあたってアニメ版とは設定や着地点が異なると明言しておりましたのでヤマトのコミカライズとしては十分ありだと思っています(そもそもヤマトにおいては漫画や小説化された場合、アニメどおりに描かれたことはほとんど無く、石津版の様に最初期のプロットを元に描かれたものもあるので目くじらを立てる必要はないと思うのですが・・・)
小林副監督は背景美術としてか2199に携わっていなかったため、このような2199の初期案についてはあまり知らないのかもしれません。

雪のクローン人間の是非


ヤマトファンの中には雪のクローン設定について明確に嫌っている方も少なくないようですが、私個人の考えを言えば、2199の雪に限って言えばありだと思っています。
そもそも雪の過去を検証すればするほどおかしな点が多く、ヤマト計画遂行のために作られたクローン人間であるとしたほうが矛盾無くスッキリします。
むらかわ氏の漫画もネット上に流出した原稿で判断する限りそのあたりのことを丁寧に描いておりましたので、クローン設定を採用してもそれほどおかしな展開にはなっていませんでした。
例としては
クローン人間ではあるものの、道具ではなく一人の人間として大切にされていた(雪という名前や中原中也を知っていた事もすべて人間として育ってほしいという願いかがこめられているという設定になっている)り、その事を古代がしってもなお「(クローン人間でも)君は今ここにいる一人の人間」と受け入れている描写が描かれていました。
これくらい丁寧に書かれていたのならば、むしろ良い改変であるといえると思います。

またオリジナル版の雪にしても彼女自身は地球人でしたが、松本零士氏の作品に登場するセクサロイド・ユキというキャラクターは森雪の遺伝子を元に製造された人造人間という裏設定があり(なお銀河鉄道物語の本編中ではオリジナル体の明言は避けているものの、その事自体は語っています)、雪が人間ではないという設定自体はもはやそれほどぶっとんだものとは思えません。
20181107_img003.jpg
あるいは、松本零士氏の作品にも採用されている設定だからこそ副監督は気に入らないのかもしれません(苦笑)

ところで今回の件で第7章について一つ判明した事がありました。
どうやら2202の雪は本当に記憶喪失だっただけの地球人ということで終わりそうですね。
20181107_img004.jpg
散々ひっぱっておいてそれかよ?と思う側面もありますが、とりあえず雪関連にどのような決着をつけるのか最後まで見届けたいと思います。










スポンサーサイト



コメント

怒髪

No title
小林誠氏のデビュー作、ハイパーウェポンの頃から浅い考察と稚拙な工作精度、微苦笑を禁じえない模倣センスでの俺様スゲー態度にヘキエキしています。
2年遅れでSWのゴチャメカディティールを模倣してたハイパーウェポンの頃から一歩も進歩していないというのは驚愕です。

それ以上に驚愕なのは、この程度の人間が副監督という地位にいて、他人の作品に横槍を入れられるというヤマトの製作体制です。

ただちに降板させ、二度とヤマトに関わらせないことです。

山城2199

Re: No title
怒髪様、初めまして。
コメントをありがとうございます。

> それ以上に驚愕なのは、この程度の人間が副監督という地位にいて、他人の作品に横槍を入れられるというヤマトの製作体制です。
> ただちに降板させ、二度とヤマトに関わらせないことです。

デザインに関しては好みの問題という側面もありますのであえて触れませんが、小林誠という方は完全に上に立ってはいけないタイプの人間だったということだと思います。
本当にヤマトに次があるならば、私も責任ある立場からは引かせるべきだと思います。

2202

それは著作権の問題です。
それは著作権の問題です。
クローンはダメと言った西崎義展氏の意思は没後も尊重され、改変は許されません(著作権法60条)。
もしやったら、著作者人格権侵害という犯罪となり、刑事罰も定められています(法120条)。五百万円以下の罰金です。前科も付きます。
しかも、権利者本人が亡くなっても保護は続く上、本人が生前にダメだと言った改変をした場合は、誰もが告発できる非親告罪になります(法123条)。
逮捕されることもあるでしょう。
小林誠氏は、この改変は社会的ルールとしてダメってことを教えてくれたにすぎません。

山城2199

Re: それは著作権の問題です。
2202様、コメントをありがとうございます。

> それは著作権の問題です。

> 小林誠氏は、この改変は社会的ルールとしてダメってことを教えてくれたにすぎません。

果たして小林副監督にその意識があったかは微妙だと思われます。
何故なら2202で小林副監督がぶち込んだネタは、復活篇でやろうとして生前の西崎Pに止められたネタらしいですから・・・(これは本人が言っています)
著作権の問題が絡むなら副監督もこのような行為はしないと思いますので、恐らく副監督にその認識は無かったものと思われます。
とはいえ、この件に関してはもう関係者の間で解決しているらしいですから、ここは大人しく連載再開を待ちたいですね!

2202

はい。
信じないのはご勝手です。
ただ解決はしていないですね。
クローンにこだわる限り再開は難しいでしょう。


>むらかわみちお氏によれば単行本において復活すると明言しておりますので、単行本9巻がいつまでたっても発売されないのも同様の理由であると思われます。

そうだろうと思います。
むらかわ氏がクローン設定を撤回しない限り、常識的に考えて許可されることはないでしょう。
また、あなたが権利者の許諾していない違法な状態のコミックをこのブログで公表していることも、9巻が許可されない一因ではないでしょうか。

-

小林誠ワガママ過ぎない?
コミックスは別媒体(アニメ本編とは一種のパラレルワールド)で作家の解釈で違うことなんてままあるのに。
松本零士の漫画版でも使われた設定なら別にいいじゃん。

山城2199

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

> 小林誠ワガママ過ぎない?
> コミックスは別媒体(アニメ本編とは一種のパラレルワールド)で作家の解釈で違うことなんてままあるのに。
> 松本零士の漫画版でも使われた設定なら別にいいじゃん。

同感です。
ただ小林副監督はあまりに暴走したツケをしっかり支払うことになったようですので、もうこれ以上は口を出してこなさそう(口を出せない?)のが幸いです!
非公開コメント

山城2199

福岡に住むヤマトファンです。
よろしくお願いいたします。

訪問者様

検索フォーム